10.20

TUE

今日は、活性酸素を除去してくれる
にんじんをつかって

体のサビをとるのに役立つおかずを紹介します。

  • にんじん

    βカロテンは体内でビタミンAに変わって活性酸素が生じるのを防ぐ。皮のすぐ下に多く含まれるため、皮を薄くむくのがおすすめ。

食材監修 白澤卓二

白澤抗加齢医学研究所所長・医学博士

城戸崎愛さんのにんじんの土佐煮

にんじんは腫瘍の発生を抑制すると言われる
βカロテンの宝庫。削り節で香りよい煮物に。

1人分…300kcal

塩分(1人分)…1.7g

材料2人分

にんじん
1本(160g)
牛切り落とし肉
100g
生姜
1かけ
こんにゃく
1/2枚
だし汁
2カップ
砂糖、みりん、醤油
各大さじ1
削り節
1/2カップ

つくり方

  1. 1

    にんじんは3〜4cm長さの4つ割りにする。牛肉は2〜3cm長さに切り、生姜は薄切りにする。

  2. 2

    こんにゃくは両面に格子に切り込みを入れ、横半分に切ってから2cm幅に切り、1〜2分ゆでてざるに上げる。

  3. 3

    鍋にだし汁、1のにんじん、2のこんにゃくを入れ、ふたをして弱めの中火で5分ほど煮る。砂糖、みりんを加えてさらに10分煮て、醤油を加える。

  4. 4

    31の牛肉、生姜の薄切りを加え、5分ほど煮てから削り節の半量を加える。煮汁がほとんどなくなるまで煮詰め、残りの削り節を最後に散らす。