10.25

SUN

今日は、活性酸素を除去してくれる
にんじんをつかって

体のサビをとるのに役立つおかずを紹介します。

  • にんじん

    βカロテンは体内でビタミンAに変わって活性酸素が生じるのを防ぐ。皮のすぐ下に多く含まれるため、皮を薄くむくのがおすすめ。

食材監修 白澤卓二

白澤抗加齢医学研究所所長・医学博士

松本忠子さんのにんじんとハムの
きんぴら

定番おかずのきんぴらでβカロテンを摂る。
ハムを入れてボリュームたっぷりに。

1人分…299kcal

塩分(1人分)…3.3g

材料2人分

ごぼう
50g
にんじん
100g
ハム
100g
赤唐辛子の小口切り
1/2本分
ごま油
大さじ2

A

醤油、酒、みりん
各大さじ1
砂糖
小さじ2
小さじ1/4

つくり方

  1. 1

    ごぼうは皮をこそげて5cm長さの細切りにし、水にさらしてアクを抜く。にんじんはごぼうよりも少し太めの細切りにする。ハムはごぼうと同じ太さに細切りにする。

  2. 2

    厚手の鍋にごま油を熱し、赤唐辛子とごぼうを加えて中火で3分ほど炒める。にんじんを加えてAを入れ、汁気がなくなるまで炒め煮する。