10.27

TUE

今日は、活性酸素を除去してくれる
トマトをつかって

体のサビをとるのに役立つおかずを紹介します。

  • トマト

    リコピンにはビタミンEの100倍、体内の活性酸素を除去する力があり、ケルセチンには動脈硬化を予防する力がある。

食材監修 白澤卓二

白澤抗加齢医学研究所所長・医学博士

松本忠子さんのメンチボールの
トマト煮込み

旬のトマトを使った水煮缶は、リコピンが豊富。
完熟トマトが手に入らないときの強い味方。

1人分…467kcal

塩分(1人分)…3.0g

材料2人分×2食

生パン粉
1カップ強
バター、オリーブ油
各大さじ1
生クリーム
大さじ2
パセリのみじん切り
適量

トマトソース

玉ねぎのみじん切り
100g
ベーコンのみじん切り
50g
マッシュルーム水煮缶
小1缶
赤ワイン
1カップ
カットトマト(水煮)
200g
トマトケチャップ
1/4カップ
バター、ウスターソース
各大さじ1
こしょう
少々
ローリエ
1枚

メンチボール

合びき肉
250g
生パン粉
1カップ
1個
小さじ2/3
こしょう、ナツメグ
各少々

つくり方

  1. 1

    トマトソースをつくる。厚手の鍋にトマトソースの材料をすべて入れ、ひと煮立ちさせる。

  2. 2

    メンチボールをつくる。ボウルにすべての材料を入れて混ぜあわせ、4等分に丸める。

  3. 3

    バットにパン粉を敷き、2を置いて表面にパン粉をしっかりとまぶしつける。

  4. 4

    フライパンにバター、オリーブ油を熱し、3の両面、周囲をしっかり焼きつける。表面がかたまったら、フライパンにたまった油ごと1の鍋に入れる。

  5. 5

    アクを取りながら45分以上弱めの中火で煮る。器に盛り、生クリームをかけ、パセリのみじん切りを散らす。
    ※メンチボールのトマト煮込みは冷蔵で4~5日、冷凍で1ヵ月保存できる。