10.30

FRI

今日は、活性酸素を除去してくれる
にんじんをつかって

体のサビをとるのに役立つおかずを紹介します。

  • にんじん

    βカロテンは体内でビタミンAに変わって活性酸素が生じるのを防ぐ。皮のすぐ下に多く含まれるため、皮を薄くむくのがおすすめ。

食材監修 白澤卓二

白澤抗加齢医学研究所所長・医学博士

堀江ひろ子さんのにんじんの
クリームシチュー

輪切りのにんじんがごろっと入ったシチューで
サビつき防止のβカロテンを摂る。

1人分…342kcal

塩分(1人分)…0.8g

材料2人分×2食

豚肩ロース肉(トンカツ用)
2枚
じゃがいも(メークイーン)
2個
にんじん
1本
玉ねぎ
1/2個
ブロッコリー
1/2株
小麦粉
大さじ1
オリーブ油
大さじ1/2
塩、こしょう
各適量

A

1カップ
固形スープの素
1個
白ワイン
大さじ2
ローリエ
1枚

ホワイトソース

オリーブ油
大さじ1
小麦粉
大さじ2
牛乳
1と1/2カップ

つくり方

  1. 1

    豚肉はひと口大に切って塩、こしょうする。じゃがいもは皮をむいて1cm厚さの輪切りにして水にさらす。にんじんはじゃがいもより少し薄めの輪切りにする。玉ねぎは1cm幅に切る。ブロッコリーは小房に分ける。

  2. 2

    フライパンにオリーブ油を熱し、豚肉に小麦粉を薄くまぶして加え、肉の表面が白く変わるまで炒め焼きする。1の野菜も加えて軽く炒め合わせる。

  3. 3

    2のフライパンにAを加え、沸騰したら弱火にしてふたをし、野菜がやわらかくなるまで15分ほど煮る。

  4. 4

    ホワイトソースをつくる。鍋にオリーブ油、小麦粉を入れて弱火にかけ、木べらで混ぜながら焦がさないように2~3分炒める。冷たい牛乳を一度に加え、よく混ぜながら強火にかける。煮立ったら火を弱めて5~6分煮る。

  5. 5

    43のフライパンに加え、2~3分煮る。塩、こしょうで味をととのえる。
    ※残ったにんじんのクリームシチューは冷蔵で2日保存できる。