11.02

MON

今日は、活性酸素を除去してくれる
ブロッコリーをつかって

体のサビをとるのに役立つおかずを紹介します。

  • ブロッコリー

    200種以上のフィトケミカルを含んでおり、スルフォラファンが体内に入ると抗酸化酵素がよく働くようになる。

食材監修 白澤卓二

白澤抗加齢医学研究所所長・医学博士

堀江ひろ子さんのブロッコリーと
ささみの辛子和え

フィトケミカルが豊富なブロッコリーを
辛子で和えてさっぱりと。

1人分…97kcal

塩分(1人分)…1.6g

材料2人分

ブロッコリー
小1株(150g)
鶏ささみ
2本
少々
大さじ1

A

練り辛子
小さじ1
薄口醤油
小さじ2
みりん
小さじ1
だし汁
1/4カップ

つくり方

  1. 1

    ブロッコリーは小房に分け、茎は厚めに皮をむいて乱切りにし、熱湯で好みのかたさにゆでてざるにとる。

  2. 2

    鶏ささみは筋を取り、塩、酒をふってラップをし、電子レンジで約2分加熱する。粗熱がとれたら手でひと口大に裂き、蒸したときに出た汁につけておく。

  3. 3

    Aの練り辛子に薄口醤油、みりんを少しずつ加えてなめらかにのばし、だし汁も加えて混ぜる。12を加えて和える。