11.11

WED

今日は、がん予防に効果があるとされる
セロリをつかって

がんの予防対策に役立つおかずを紹介します。

  • セロリ

    がん予防に効果があるとされる約40種の食材(デザイナーフーズ)に挙げられているもののなかでも、上位に位置している食材です(米・国立がん研究所)。

食材監修 白澤卓二

白澤抗加齢医学研究所所長・医学博士

鈴木登紀子さんの鮭とセロリの南蛮酢

南蛮酢にサッと浸した揚げたての鮭に
セロリ、にんじん、ねぎを合わせたさっぱりおかず。

1人分…429kcal

塩分(1人分)…3.4g

材料2人分

生鮭
300g
塩、こしょう
各少々
片栗粉、揚げ油
各適量
セロリ
1本(150g)
にんじん
1/2本(100g)
ねぎ
1本

南蛮酢

だし汁
1/2カップ
3/4カップ
小さじ1
薄口醤油
大さじ1
こしょう、赤唐辛子の小口切り
各少々

つくり方

  1. 1

    鮭は5mmほどの厚さに切って3等分にし、軽く塩、こしょうする。

  2. 2

    セロリは筋を取って薄い短冊切りにする。にんじんも同じように切る。ねぎは3cm長さに切ってから、縦に包丁を入れて芯を取り出し、5mm幅の細切りにする。

  3. 3

    大きめのバットに南蛮酢の材料を入れてよく混ぜ、バットの下に厚手の布巾などを敷いて斜めに傾ける。2の野菜も同じバットの上の方にのせておく(南蛮酢に浸さないように注意する)。

  4. 4

    1の鮭を3回に分けて揚げる。ガーゼで包んだ片栗粉をポンポンとはたいて片栗粉を薄くまぶし、170度に熱した揚げ油で50秒ほど揚げていく。

  5. 5

    揚げたての鮭は、3の南蛮酢にすぐジュッと浸し、バットにのせておいたにんじん、セロリ、ねぎを1/3量ずつかぶせ、南蛮酢に漬かりすぎないようにバットの上の方へ移す。これを3回くり返して、最後にバットを平らにし、器に盛る。