12.06

SUN

今日は、抗酸化作用の高い
桜海老をつかって

アルツハイマー型
認知症予防に役立つおかずを紹介します。

  • 桜海老

    桜海老の赤い色には、ビタミンEの500倍の抗酸化作用を持つと言われる『アスタキサンチン』が含まれている。

食材監修 白澤卓二

白澤抗加齢医学研究所所長・医学博士

鈴木登紀子さんの桜海老と白菜の芥子酢

冬が旬の白菜と大根を使った
歯ごたえのよい酢の物です。

1人分…145kcal

塩分(1人分)…2.4g

材料2人分

桜海老(釜揚げ)
50g
ごま油
大さじ1/2
白菜
2枚(200g)
にんじん
40g
大根
50g
しいたけ
3枚
酒、薄口醤油
各小さじ1

A

溶き芥子
小さじ1
砂糖、ごま油
各大さじ1/2
酢、だし汁
各大さじ3
薄口醤油
大さじ1/2

つくり方

  1. 1

    フライパンにごま油を熱して、桜海老を軽く炒め、バットにとって冷ましておく。

  2. 2

    白菜は白い部分を3~4cm長さの薄切りにし、緑の部分はざく切りにする。にんじん、大根は薄い短冊切りにする。水4カップに塩大さじ1と2/3(分量外)を加えた塩水につけ、しんなりとしたら布巾に包んできつく絞る。

  3. 3

    しいたけは石づきを取り、熱した焼き網で香ばしく焼く。酒と薄口醤油を混ぜ合わせ、焼いたしいたけをじゅっと浸したら薄切りにし、軽く絞る。

  4. 4

    大きめのボウルにAの調味料を溶き芥子、砂糖、ごま油、酢、だし汁、薄口醤油の順に加えて溶かし、123を加えてまんべんなく和える。