12.07

MON

今日は、抗酸化作用の高い
をつかって

アルツハイマー型
認知症予防に役立つおかずを紹介します。

  • 鮭の赤い色には、ビタミンEの500倍の抗酸化作用を持つと言われる『アスタキサンチン』が含まれている。

食材監修 白澤卓二

白澤抗加齢医学研究所所長・医学博士

鈴木登紀子さんの生鮭の双見揚げ

青のりの緑と、卵黄の黄色、
2色の衣を使った天ぷらです。

1人分…511kcal

塩分(1人分)…0.4g

材料2人分

生鮭
2切れ(200g)
塩、こしょう
各少々
溶き卵
1/2個
冷水
1/2カップ
小麦粉
1/2カップ
卵黄
1個分
青のり
大さじ1
揚げ油
適量
すだち
適量

つくり方

  1. 1

    生鮭は1切れをそれぞれ2等分にし、塩、こしょうをする。

  2. 2

    ボウルに溶き卵と冷水を混ぜ合わせ、ふるった小麦粉を入れて菜箸で混ぜたら、2つに分ける。一方に卵黄、もう一方に青のりを加えて混ぜ合わせる。

  3. 3

    1の鮭に軽く小麦粉をふり、半量を卵黄入りの衣にくぐらせ、170~180度に熱した揚げ油で1~2分揚げる。残りは青のり入りの衣にくぐらせて同様に揚げる。

  4. 4

    3を器に盛り、すだちを添える。