12.08

TUE

今日は、抗酸化作用の高い
桜海老をつかって

アルツハイマー型
認知症予防に役立つおかずを紹介します。

  • 桜海老

    桜海老の赤い色には、ビタミンEの500倍の抗酸化作用を持つと言われる『アスタキサンチン』が含まれている。

食材監修 白澤卓二

白澤抗加齢医学研究所所長・医学博士

鈴木登紀子さんの桜海老の卵焼き

ほんのりと甘い桜海老の風味を
閉じ込めた卵焼きです。

1人分…390kcal

塩分(1人分)…2.2g

材料2人分

桜海老(釜揚げ)
50g
大さじ1/2
長芋
3cm
細ねぎの小口切り
大さじ3
5個
サラダ油
大さじ1
大根おろし
1/2カップ
薄口醤油
少々

A

砂糖
大さじ2と1/2
みりん、薄口醤油
各大さじ1/2
少々

つくり方

  1. 1

    桜海老に酒をふりかける。長芋は5mm角に切り、小さなざるなどに入れて流水の下でふり洗いしてぬめりを取り、氷水でしめてから水気をきる。

  2. 2

    大きめのボウルに卵を割りほぐし、Aを加えてよく混ぜる。細ねぎ、1の桜海老と長芋も加えて混ぜる。

  3. 3

    卵焼き器にサラダ油を熱してなじませ、余分な油をカット綿でふき取る。中火にして、2の卵液をお玉1杯分すくって入れる。半熟に火が通ったら奥から手前に向かって3つ折りにする。空いた部分に同じカット綿で油をひき、卵液を流し入れて半熟になったら2つ折りにする。これを卵液がなくなるまでくり返す。

  4. 4

    焼きあがった3を熱いうちに巻きすで巻き、形をととのえて粗熱をとる。食べよく切り分けて器に盛り、薄口醤油をかけた大根おろしを添える。