12.12

SAT

今日は、抗酸化作用の高い
桜海老をつかって

アルツハイマー型
認知症予防に役立つおかずを紹介します。

  • 桜海老

    桜海老の赤い色には、ビタミンEの500倍の抗酸化作用を持つと言われる『アスタキサンチン』が含まれている。

食材監修 白澤卓二

白澤抗加齢医学研究所所長・医学博士

城戸崎愛さんの桜海老ごはん

桜海老の赤にほんのりと色づいた
磯の香りが豊かな炊き込みごはんです。

1人分…326kcal

塩分(1人分)…1.1g

材料2人分×2食

2カップ
桜海老(乾燥)
20g(釜揚げの場合は40g)
ごま塩
少々

A

440ml
みりん
大さじ1
大さじ2
小さじ2/3

つくり方

  1. 1

    米は炊く30分前にとぎ、ざるに上げる。

  2. 2

    厚手の深鍋にAを入れて桜海老を加え、強火で1~2分煮る。

  3. 3

    2に米を加えてひと混ぜし、塩味が足りないようなら塩を加え、ふたをする。

  4. 4

    煮立つまで強火にかけ、蒸気が出たら弱火にし、12~13分炊く。最後に5秒ほど強火にしてから火を止め、15分蒸らす。

  5. 5

    器に盛り、ごま塩をかける。
    ※残った桜海老ごはんは冷蔵で3日間保存できる。