12.14

MON

今日は、抗酸化作用の高い
をつかって

アルツハイマー型
認知症予防に役立つおかずを紹介します。

  • 鮭の赤い色には、ビタミンEの500倍の抗酸化作用を持つと言われる『アスタキサンチン』が含まれている。

食材監修 白澤卓二

白澤抗加齢医学研究所所長・医学博士

城戸崎愛さんの鮭の生姜挟み焼き

鮭の切り身におろし生姜をサンドした
さわやかな味わいです。

1人分…211kcal

塩分(1人分)…0.7g

材料2人分

生鮭
2切れ(200g)
生姜のすりおろし
1/2かけ分
キャベツ
2枚
にんじん
小1/4本
塩、強力粉
各少々
サラダ油
大さじ1

つくり方

  1. 1

    鮭は骨があれば取り除き、腹側から皮に向かって厚みの中央に切り込みを入れ、厚みを半分にするように開いて、塩を全体に軽くふる。

  2. 2

    1の鮭の内側に生姜のすりおろしの半量をのせ、半分に折りたたむ。もうひとつも同様につくる。

  3. 3

    2の表面に強力粉をまぶし、余分な粉をはたき落とす。

  4. 4

    フライパンにサラダ油を熱し、3の鮭を入れて片面をこんがりと焼く。裏返して火を弱めてふたをし、5~6分ほど焼く。ふたをとってさらに1分焼く。

  5. 5

    キャベツはゆでてざく切り、にんじんは薄い輪切りにしてゆで、好みで花型で抜く。器に盛り、4をのせる。