12.16

WED

今日は、抗酸化作用の高い
をつかって

アルツハイマー型
認知症予防に役立つおかずを紹介します。

  • 鮭の赤い色には、ビタミンEの500倍の抗酸化作用を持つと言われる『アスタキサンチン』が含まれている。

食材監修 白澤卓二

白澤抗加齢医学研究所所長・医学博士

城戸崎愛さんの鮭のドミグラスピラフ

ひと口大に切った鮭と
4つ割にしたマッシュルームの
バターソテーをたっぷり入れた
食べごたえ満点のピラフです。

1人分…480kcal

塩分(1人分)…1.8g

材料2人分×2食

2カップ
生鮭
2切れ(200g)
牛乳
1/4 カップ
玉ねぎのみじん切り
大さじ2
バター
大さじ4
小さじ1/2
マッシュルーム
6個
小麦粉
大さじ2
塩、こしょう
各少々
ドミグラスソース(缶詰)
大さじ3
パセリのみじん切り
少々
ブロッコリースプラウト
少々

A

お湯
2と1/2カップ(500ml)
固形スープの素
1個

つくり方

  1. 1

    米は炊く30分前にとぎ、水気をきってざるに上げる。

  2. 2

    鮭は骨があれば取り除き、ひと口大に切り分けて牛乳に浸し、10分程ほどおく。

  3. 3

    平鍋を熱してバター大さじ2を溶かし、玉ねぎをしんなりとなるまで炒め、1の米を加える。指で触って熱くなるまで十分に炒めてからAを注ぎ入れて混ぜる。炊飯器の釜に移して炊く。

  4. 4

    2を牛乳からひき上げて汁気をきり、塩、こしょうをし、小麦粉を薄くまぶす。

  5. 5

    フライパンにバター大さじ1を溶かし、4の鮭を焼き色がつくまで炒め焼きにし、取り出す。

  6. 6

    5のフライパンに残りのバターを加え、4つ割りにしたマッシュルームを炒め、塩、こしょうをする。

  7. 7

    3が炊きあがったら、ドミグラスソースを加えてよく混ぜ合わせ、56をのせてふたをし、10分蒸らす。

  8. 8

    温めた器にピラフを盛り、パセリのみじん切り、ブロッコリースプラウトを散らす。
    ※残った鮭のドミグラスピラフは冷蔵で3日間保存できる。