12.17

THU

今日は、抗酸化作用の高い
桜海老をつかって

アルツハイマー型
認知症予防に役立つおかずを紹介します。

  • 桜海老

    桜海老の赤い色には、ビタミンEの500倍の抗酸化作用を持つと言われる『アスタキサンチン』が含まれている。

食材監修 白澤卓二

白澤抗加齢医学研究所所長・医学博士

城戸崎愛さんの桜海老と大根の煮物

桜海老のおいしいだしが
大根にしみ込んだやさしい味のおかずです。

1人分…174kcal

塩分(1人分)…2.6g

材料2人分

大根
500g(正味)
桜海老(乾燥)
20g(釜揚げの場合は40g)
3カップ
砂糖
大さじ2と1/2
大さじ1
醤油
大さじ1と1/2
片栗粉
大さじ1
だし昆布
1枚(5cm角ぐらい・10g)

つくり方

  1. 1

    大根は2.5cmほどの厚さの輪切りにする。皮をむいて面取りし、水にさらす。

  2. 2

    鍋に水を入れ、昆布を敷いて1の大根を入れる。強めの中火で煮る。

  3. 3

    2のアクを取って弱火にし、ふたをして20分ほど煮る。

  4. 4

    桜海老を入れて10分ほど煮たら、酒と砂糖を2回に分けて入れ、さらに10分ほど煮る。醤油も2回に分けて入れながら10分ほど煮て、大根がやわらかくなって味がしみるまで煮る。

  5. 5

    昆布を取り出して1.5cm幅に切り、中央に縦に切り込みを入れ、輪の中に片側の端をくぐらせ手綱に結ぶ。

  6. 6

    片栗粉を倍量の水(分量外)で溶いて4の鍋に加え、とろみをつける。

  7. 7

    6を器に盛り、あれば貝割れ菜を添える。