12.19

SAT

今日は、抗酸化作用の高い
桜海老をつかって

アルツハイマー型
認知症予防に役立つおかずを紹介します。

  • 桜海老

    桜海老の赤い色には、ビタミンEの500倍の抗酸化作用を持つと言われる『アスタキサンチン』が含まれている。

食材監修 白澤卓二

白澤抗加齢医学研究所所長・医学博士

松本忠子さんの釜揚げ桜海老の白あえ

すりごま&練りごまを加えたあえ衣に
釜揚げ桜海老を入れて、
甘みとコクを感じる白あえにします。

1人分…209kcal

塩分(1人分)…1.8g

材料2人分

桜海老(釜揚げ)
50g
木綿豆腐
100g
しいたけ
2枚
しめじ
1/2パック
いんげん
25g
炒りごま(白)
大さじ2と1/2

A

練りごま(白)
大さじ1
砂糖
大さじ1
大さじ1/2
小さじ1/4

B

だし汁
1/2カップ
酒、みりん
各大さじ1/2
薄口醤油
小さじ1

つくり方

  1. 1

    豆腐は水きりをする。しいたけは軸を取り、1cm強の幅に切る。しめじは石づきを落として小房に分ける。いんげんは筋をとり、斜め細切りにする。

  2. 2

    すり鉢で炒りごまをすり、Aの材料を加えてなめらかにする。1の豆腐をちぎって加え、さらによくすり混ぜる。

  3. 3

    鍋にBを入れてひと煮立ちさせ、1の野菜を入れてさっと煮て火を止め、そのまま冷まして味を含ませる。

  4. 4

    3をざるに取って汁気をきり、桜海老とともに2に加えてさっくりとあえる。