12.20

SUN

今日は、抗酸化作用の高い
をつかって

アルツハイマー型
認知症予防に役立つおかずを紹介します。

  • 鮭の赤い色には、ビタミンEの500倍の抗酸化作用を持つと言われる『アスタキサンチン』が含まれている。

食材監修 白澤卓二

白澤抗加齢医学研究所所長・医学博士

松本忠子さんの鮭の北海ごはん

北海道の海と山の幸、鮭、帆立、じゃがいもを
ぜいたくに炊き込みます。

1人分…634kcal

塩分(1人分)…3.3g

材料2人分×2食

甘塩鮭
2切れ(160g)
帆立缶
大1缶(135g)
じゃがいも
大2個
バター
30g
3合
大さじ3

A

だし汁(昆布)+帆立缶汁
(合わせて)2と3/4カップ
小さじ1と1/2

つくり方

  1. 1

    鮭は3cm幅に切り、こんがりと焼く。じゃがいもは皮をむき、ひとくち大に切る。

  2. 2

    帆立は身と汁に分け、身は粗くほぐす。汁は取り置き、だし汁、塩と合わせておく(上記のA)。

  3. 3

    米は炊く30分前に洗って浸水し、ざるに上げて水気をきってから炊飯器に入れる。Aを注ぎ、1の鮭、じゃがいも、2の帆立をのせる。上にバターをちぎって散らし、炊飯する。
    ※残った鮭の北海ごはんは冷蔵で4~5日保存できる。