12.22

TUE

今日は、抗酸化作用の高い
をつかって

アルツハイマー型
認知症予防に役立つおかずを紹介します。

  • 鮭の赤い色には、ビタミンEの500倍の抗酸化作用を持つと言われる『アスタキサンチン』が含まれている。

食材監修 白澤卓二

白澤抗加齢医学研究所所長・医学博士

松本忠子さんの鮭の粕汁

根菜、こんにゃく、厚揚げをたっぷり入れた
具だくさんの粕汁です。

1人分…260kcal

塩分(1人分)…2.7g

材料2人分×2食

甘塩鮭
2切れ(160g)
大根
200g
にんじん
80g
里芋
2個
ごぼう
80g
こんにゃく
1/2枚
厚揚げ
1/2枚
細ねぎの斜め切り
適量

A

酒粕
200g
だし汁
1カップ

B

だし汁
6カップ
砂糖、醤油
各小さじ1
小さじ1強

つくり方

  1. 1

    鮭は3cm幅に切り、ざるに並べて熱湯を回しかける。

  2. 2

    大根、にんじんは厚めのいちょう切り、里芋は皮をむき、1cm強厚さの輪切りにする。ごぼうは5mm厚さの輪切りにして水にさらす。

  3. 3

    こんにゃく、厚揚げは色紙切りにする。

  4. 4

    Aの酒粕は細かくちぎってボウルに入れ、温めただし汁を入れる。10分ほど置いたら、酒粕がなめらかになるまでよく混ぜる。

  5. 5

    鍋にBのだしを入れてひと煮立ちさせ、調味料を加え、1の鮭、2の野菜、3のこんにゃく、厚揚げを入れてやわらかくなるまで10分ほど煮る。4の酒粕を加えて味をととのえる。器に盛り、細ねぎの斜め切りをのせる。
    ※残った鮭の粕汁は冷蔵で4~5日保存できる。