12.24

THU

今日は、抗酸化作用の高い
桜海老をつかって

アルツハイマー型
認知症予防に役立つおかずを紹介します。

  • 桜海老

    桜海老の赤い色には、ビタミンEの500倍の抗酸化作用を持つと言われる『アスタキサンチン』が含まれている。

食材監修 白澤卓二

白澤抗加齢医学研究所所長・医学博士

松本忠子さんの桜海老入りおから

桜海老の香りが口いっぱいにひろがる
具沢山のおからです。

1人分…489kcal

塩分(1人分)…2.6g

材料2人分×2食

おから
300g
こんにゃく
1/2枚
干し椎茸
4枚
鶏もも肉
200g
油揚げ
1枚
ごぼう、にんじん
各50g
ちくわ(細)
3本
ねぎ
1本
桜海老(乾燥)
25g

A

サラダ油、ごま油
各大さじ2

B

サラダ油、ごま油
各大さじ1

C

酒、みりん
各大さじ3
砂糖
大さじ2
小さじ1と1/2

つくり方

  1. 1

    こんにゃくは細切りにする。干し椎茸はもどして薄切りにする。鶏肉はこま切れにする。油揚げは縦半分に切ってから細切り、にんじん、ごぼうは2mm厚さの半月またはくし形に切る。ちくわは薄い輪切り、ねぎは8mm厚さの小口切りにする。

  2. 2

    厚手の鍋にAの油を熱し、おからを入れて木べらでていねいに炒める。サラサラになったら火を止める。

  3. 3

    別の鍋にBの油を熱し、1の材料をにんじん、ごぼうなど火の通りにくいものから順に加えて炒め、最後に桜海老を加える。2のおからも加えてさっくりと混ぜ合わせ、Cの調味料を加えてさらによく炒める。味がなじんだら器に盛り、あれば細ねぎの小口切りをのせる
    ※残った桜海老入りおからは冷蔵で1週間、冷凍で1ヶ月保存できる。