12.27

SUN

今日は、抗酸化作用の高い
桜海老をつかって

アルツハイマー型
認知症予防に役立つおかずを紹介します。

  • 桜海老

    桜海老の赤い色には、ビタミンEの500倍の抗酸化作用を持つと言われる『アスタキサンチン』が含まれている。

食材監修 白澤卓二

白澤抗加齢医学研究所所長・医学博士

堀江ひろ子さんの桜海老のパスタ

桜海老とアンチョビのコクを
生トマトの酸味がさっぱりとまとめてくれます。

1人分…408kcal

塩分(1人分)…1.6g

材料2人分

トマト
小1個
水菜
1/2袋(150g)
にんにく
1かけ
桜海老(乾燥)
1/2カップ(15g) 
アンチョビ
2枚
赤唐辛子(種を取ったもの)
1本
スパゲッティ
150g
オリーブ油
大さじ1

つくり方

  1. 1

    トマトは1~2cmの角切りにし、水菜は2~3cm長さのざく切り、にんにくはみじん切りにする。飾り用に水菜少々を別にしておく。

  2. 2

    フライパンにオリーブ油、にんにく、アンチョビ、赤唐辛子を加えて火にかける。香りが出たら桜海老を加えて炒める。

  3. 3

    2にトマトを加え、形が少しくずれるくらいに軽く煮る。

  4. 4

    表示時間通りにパスタを塩ゆでし、ゆで上がる直前に水菜を加えてひと混ぜしてざるに上げる。

  5. 5

    43のソースに加えてあえ、器に盛って上に飾り用の水菜をのせる。