12.31

THU

今日は、抗酸化作用の高い
桜海老をつかって

アルツハイマー型
認知症予防に役立つおかずを紹介します。

  • 桜海老

    桜海老の赤い色には、ビタミンEの500倍の抗酸化作用を持つと言われる『アスタキサンチン』が含まれている。

食材監修 白澤卓二

白澤抗加齢医学研究所所長・医学博士

堀江ひろ子さんの桜海老のピーナッツ
ディップソース

桜海老とピーナッツバターに
ピリ辛の豆板醤を加えたディップソースです。

1人分…247kcal

塩分(1人分)…1.3g

材料2人分

厚揚げ
1枚
ブロッコリー
1/2個
かぶ
2個
にんじん
100g

ディップソース

桜海老(乾燥)
10g
マヨネーズ(カロリーハーフ)
大さじ2
にんにくのみじん切り
少々
豆板醤
小さじ1/2
ピーナッツバター
大さじ2
1/3カップ
少々

つくり方

  1. 1

    桜海老のディップソースをつくる。フライパンにマヨネーズとにんにくのみじん切り、豆板醤を入れて炒め、香りが出たら桜海老も加えて炒め合わせる。ピーナッツバターを加え、水を加えてのばし、塩で味をととのえる。

  2. 2

    にんじんは3~4cm長さのスティック状に、かぶはくし形に切る。ブロッコリーは小房に分ける。

  3. 3

    2の野菜を塩(分量外)を加えた湯でかためにゆでる。厚揚げはグリルで焼くか、ゆでて温め、食べやすく切る。

  4. 4

    器に野菜と厚揚げを盛り合わせ、1のソースをつけて食べる。