カルシウムの吸収を助けてくれる
小松菜・納豆・ちりめんじゃこをつかって

骨粗しょう症予防に役立つおかずを紹介します。

  • 小松菜

    緑黄色野菜の中でもカルシウム量が高く、100g当り150mgも入っている。

  • 納豆

    ビタミンK「メナキノン-7」が血中のカルシウムを骨まで運んで強化。

  • ちりめんじゃこ

    100g当り520mgのカルシウムが含まれる。吸収を高めるビタミンDも豊富。

「砂糖」について
「精白糖」は血糖値を急激に上昇下降させ、低血糖症(血糖値が常に低い病気)の一因になるとも言われるため、なるべく避け、てんさい糖などを使いましょう。
「油」について
サラダ油に含まれるリノール酸は、摂取すると体内で炎症反応や血液凝固作用がみられるため、オリーブオイルやえごま油などをおすすめします。

食材監修 白澤卓二

白澤抗加齢医学研究所所長・医学博士

01

JAN