01.09

SAT

今日は、カルシウムの吸収を助けてくれる
小松菜をつかって

骨粗しょう症予防に役立つおかずを紹介します。

  • 小松菜

    緑黄色野菜の中でもカルシウム量が高く、100g当り150mgも入っている。

食材監修 白澤卓二

白澤抗加齢医学研究所所長・医学博士

鈴木登紀子さんの小松菜と金目鯛のちり蒸し

昆布と金目鯛のやさしい旨みと
とろんとまろやかなくずあんの
組み合わせが絶妙です。

1人分…144kcal

塩分(1人分)…2.1g

材料2人分

小松菜
1株(100g)
金目鯛
1切れ
絹ごし豆腐
1/3丁
薄口醤油
小さじ1
だし昆布
5cm角×2枚
わさび
少々

くずあん

だし汁
1カップ
小さじ1/3強
薄口醤油
少々
大さじ1
本くず粉
大さじ1

つくり方

  1. 1

    小松菜は塩(分量外)を加えた熱湯でゆで、冷水に取って水気を絞り、1cm幅に刻む。金目鯛は半分に切る。豆腐は2つに切り、薄口醤油をふりかける。

  2. 2

    器に昆布を敷き、1の豆腐と金目鯛をのせ、小松菜の半量を散らす。湯気のたった蒸し器に入れ、強火で7~8分蒸す。

  3. 3

    くずあんをつくる。小鍋にだし汁を熱し、塩、薄口醤油、酒を加えて味をととのえる。本くず粉を同量の水で溶いて加え、とろみをつけて残りの小松菜を加えて混ぜる。

  4. 4

    2が蒸し上がったら3のくずあんをたっぷりとかけ、わさびを添える。