01.11

MON

今日は、カルシウムの吸収を助けてくれる
小松菜をつかって

骨粗しょう症予防に役立つおかずを紹介します。

  • 小松菜

    緑黄色野菜の中でもカルシウム量が高く、100g当り150mgも入っている。

食材監修 白澤卓二

白澤抗加齢医学研究所所長・医学博士

鈴木登紀子さんの小松菜と揚げたらの南蛮酢

たらを揚げ立ての熱いうちに
南蛮酢に浸して味をしみ込ませます。

1人分…236kcal

塩分(1人分)…3.0g

材料2人分

小松菜
2株(100g)
生だら
3切れ(300g)
塩、こしょう
各少々
小麦粉、揚げ油
各適量
セロリ
1/2本
にんじん
30g

A

酢、だし汁
各1/3カップ
薄口醤油
大さじ1/2
小さじ1/2
赤唐辛子の小口切り
少々

つくり方

  1. 1

    小松菜は塩(分量外)を加えた熱湯でゆで、冷水に取って水気を絞り、1cm幅に刻む。にんじん、セロリは3~4cm長さの拍子木切りにする。

  2. 2

    たらは食べやすい大きさに切り、塩、こしょうをする。ボウルにAの材料を合わせておく。

  3. 3

    揚げ油を180度に熱し、2のたらに小麦粉をまぶしてから加え、50~60秒揚げて2のボウルに加える。

  4. 4

    1の野菜も加えて軽く混ぜ、器に盛る。