01.13

WED

今日は、カルシウムの吸収を助けてくれる
納豆をつかって

骨粗しょう症予防に役立つおかずを紹介します。

  • 納豆

    ビタミンK「メナキノン-7」が血中のカルシウムを骨まで運んで強化。

食材監修 白澤卓二

白澤抗加齢医学研究所所長・医学博士

鈴木登紀子さんの納豆のお焼き

レモン汁かポン酢を
つけてさっぱりとどうぞ。

1人分…622kcal

塩分(1人分)…2.5g

材料2人分

ひきわり納豆
1パック(50g)
長芋
50g
しいたけ
2枚
セロリ
1/4本
にんじん
40g
ねぎ
1/3本
サラダ油
大さじ3

生地

溶き卵1個分+水
1カップ
醤油、酒
各大さじ1
味噌
大さじ2
小麦粉
1と1/2カップ強

つくり方

  1. 1

    長芋は5mm角に切って万能こし器(またはざる)に入れ、流水の下でふり洗いをしてぬめりをとり、水気をきる。しいたけは石づきを落として5mm角に切る。セロリ、にんじんも同じくらいの大きさに切る。ねぎは小口切りにする。

  2. 2

    生地をつくる。大きめのボウルに溶き卵と水を入れる。醤油、酒、味噌をよく混ぜ合わせ、ボウルに加えて混ぜる。小麦粉も加えて混ぜる。

  3. 3

    2の生地に1の野菜、ひきわり納豆を加えてまんべんなく混ぜる。

  4. 4

    フライパンにサラダ油の半量を熱し、一度火を止めてフライパンのまわりから3の生地を直径7cmほどになるように入れ、弱火にかける。

  5. 5

    片面を5分、裏返して5分焼き、両面がこんがりと色づいたら取り出す。残りの油を足して、残りの生地を同様に焼く(約10枚焼ける)。器に盛り、あればレモンを添える。