01.14

THU

今日は、カルシウムの吸収を助けてくれる
小松菜をつかって

骨粗しょう症予防に役立つおかずを紹介します。

  • 小松菜

    緑黄色野菜の中でもカルシウム量が高く、100g当り150mgも入っている。

食材監修 白澤卓二

白澤抗加齢医学研究所所長・医学博士

鈴木登紀子さんの小松菜と鶏肉の
ミルクスープ

和風だしのスープに牛乳を加えた
まろやかな味わい。

1人分…309kcal

塩分(1人分)…2.6g

材料2人分

小松菜
2株(100g)
鶏もも肉
150g
大根
100g
にんじん
40g
里芋
3個
だし汁、牛乳
各2カップ
大さじ1
小さじ2/3

つくり方

  1. 1

    小松菜は塩(分量外)を加えた熱湯でゆで、冷水に取って水気をしぼり、1cm幅に刻む。鶏肉は皮を取り、食べやすい大きさに切る。大根、にんじんは1cm角に切り、一度水に放してざるにあげる。里芋は皮をむいて1cm厚さの輪切りにし、水に放してこすり洗いをし、ぬめりをとる。

  2. 2

    鍋にだし汁と1の大根、にんじん、里芋を入れて煮立て、煮立ったら中火にして1の鶏肉を加える。

  3. 3

    7~8分煮て里芋がやわらかくなったら、酒、塩、牛乳を加えて味をととのえる。

  4. 4

    最後に1の小松菜を加えて軽く温め、器に盛る。