01.26

TUE

今日は、カルシウムの吸収を助けてくれる
小松菜をつかって

骨粗しょう症予防に役立つおかずを紹介します。

  • 小松菜

    緑黄色野菜の中でもカルシウム量が高く、100g当り150mgも入っている。

食材監修 白澤卓二

白澤抗加齢医学研究所所長・医学博士

松本忠子さんの小松菜の帆立あんかけ

帆立の旨みをとじこめた中華風あんを
小松菜にたっぷりかけます。

1人分…223kcal

塩分(1人分)…2.4g

材料2人分

小松菜
1束(250g)
帆立缶
大1缶(135g)
だし汁
1/2カップ
ごま油
大さじ2
塩、こしょう
各適量
水溶き片栗粉
適量

A

酒、みりん、薄口醤油
各大さじ1/2
小さじ1/4
生姜のしぼり汁
大さじ1/2

つくり方

  1. 1

    小松菜は色よくゆで、水にとってから水気をよくしぼる。根元を落とし、5cm幅に切る。

  2. 2

    鍋にだし汁を煮立て、Aを加える。帆立缶を缶汁ごと入れ、身をほぐす。水溶き片栗粉を加えてとろみをつける。

  3. 3

    フライパンにごま油を熱し、1を加えて炒め、塩、こしょうで調味する。

  4. 4

    3を器に盛り、2のあんをかける。