03.10

WED

今日は、免疫力の向上につながる
ブロッコリーをつかって

がん予防対策に役立つおかずを紹介します。

  • ブロッコリー

    発がん物質の活性化を抑える働きがあるイソチオシアネートが含まれる。

食材監修 白澤卓二

白澤抗加齢医学研究所所長・医学博士

鈴木登紀子さんのブロッコリーと帆立の
落とし揚げ

小さめに切ったブロッコリーと帆立に
衣をからめて落とし揚げにします。

1人分…316kcal

塩分(1人分)…1.9g

材料2人分

ブロッコリー
150g
帆立貝柱
3個
小麦粉
1/2カップ
溶き卵
1/2個分
揚げ油
適量
塩、抹茶
各小さじ1

つくり方

  1. 1

    ブロッコリーは小房に分け、さらに3~4等分の小さな小房に分ける(茎の部分は使わない)。塩(分量外)を加えた熱湯でさっとゆで、ざるに上げる。

  2. 2

    帆立は厚みを半分に切り、1cm角に切る。小麦粉小さじ1(分量外)をまぶす。

  3. 3

    ボウルに小麦粉、溶き卵、冷水1/2カップ強を加え、混ぜ合わせて衣をつくる。

  4. 4

    3の衣に12を加えて軽く混ぜる。揚げ油を170~180度に熱し、スプーンですくったタネを静かに落とす。5~6個ずつゆっくりと1~2分揚げ、油をきって器に盛る。

  5. 5

    塩と抹茶を合わせて抹茶塩をつくり、4にかけていただく。