03.18

THU

今日は、免疫力の向上につながる
ブロッコリーをつかって

がん予防対策に役立つおかずを紹介します。

  • ブロッコリー

    発がん物質の活性化を抑える働きがあるイソチオシアネートが含まれる。

食材監修 白澤卓二

白澤抗加齢医学研究所所長・医学博士

城戸崎愛さんのブロッコリーと帆立の
中華風炒め

ブロッコリーの甘みがひき立つように
軽く下ゆでしてからサッと炒めて
醤油と砂糖でシンプルに味つけします。

1人分…247kcal

塩分(1人分)…3.2g

材料2人分

ブロッコリー
1株(250g)
帆立貝柱
4個(120g)
きくらげ(乾燥)
6g
にんにく
1かけ
ごま油
大さじ2

A

醤油
大さじ2
砂糖
小さじ1

つくり方

  1. 1

    ブロッコリーは塩(分量外)を加えた熱湯で2~3分ゆで、ざるにとって小房に分ける。帆立は厚みを半分に切る。きくらげは水で戻し、大きければ手で食べやすい大きさに裂く。にんにくはみじん切りにする。

  2. 2

    Aを混ぜ合わせる。

  3. 3

    大きめのフライパン(または中華鍋)にごま油大さじ1/2を入れて熱し、帆立をうっすら焦げ目がつくまで炒めて取り出す。

  4. 4

    フライパンに残りのごま油を加えてにんにくをきつね色に炒める。きくらげ、ブロッコリーを入れて炒め、3の帆立を加える。2を鍋のふちから回し入れ、味をからめる。