8時だよ!通販生活®本日の養生おかず|【公式】カタログハウスの通販サイト

04.03

SAT

今日は、“癒しホルモン”が豊富な
かつおをつかって

ストレスに強くなるおかずを紹介します。

  • かつお

    トリプトファンという必須アミノ酸が含まれており、体内に入ると“癒しホルモン”と呼ばれる、セロトニンという成分に変わり、精神の安定をはかる働きをします。

食材監修 白澤卓二

白澤抗加齢医学研究所所長・医学博士

鈴木登紀子さんのかつおの立田揚げ

脂肪分が少ないかつおの背身は
カロリーが気がかりな人の揚げ物にぴったり。

1人分…265kcal

塩分(1人分)…2.9g

材料2人分

かつお(背身)
250g
片栗粉
適量
揚げ油
適量
溶き芥子
適量

A

大さじ2
醤油
大さじ3
生姜のすりおろし
大さじ1

つくり方

  1. 1

    かつおは1cmの厚みに切る。バットにAの材料を入れてかつおを浸し、ときどき返しながら15~20分ほどつける。

  2. 2

    1の上に生姜のすりおろしをのせ、片栗粉をグッと押さえるようにしてまぶしつける。

  3. 3

    揚げ油を175~180度に熱し、2を2分ほどこんがりと揚げ、器に盛る。

  4. 4

    あればサラダ菜を敷き、セロリ、パプリカを切って3の器に添える。好みで溶き芥子をつけていただく。