04.04

SUN

今日は、“癒しホルモン”が豊富な
くるみをつかって

ストレスに強くなるおかずを紹介します。

  • くるみ

    トリプトファンという必須アミノ酸が含まれており、体内に入ると“癒しホルモン”と呼ばれる、セロトニンという成分に変わり、精神の安定をはかる働きをします。

食材監修 白澤卓二

白澤抗加齢医学研究所所長・医学博士

鈴木登紀子さんの干物ときゅうりの
くるみあえ

くるみのあえ衣の香ばしい風味と
やさしいコクが口にふわりと広がります。

1人分…302kcal

塩分(1人分)…2.5g

材料2人分

あじの干物
1枚(100g)
大さじ1/2
きゅうり
1本
にんじん
50g
くるみ
50g

A

酒、砂糖
各大さじ1
薄口醤油
大さじ1/2

つくり方

  1. 1

    あじは焼いて皮と骨を取り、粗くほぐして酒をふる。

  2. 2

    きゅうりは薄い小口切りに、にんじんは3cm長さの薄い短冊切りにする。ボウルに水2カップ、塩大さじ1弱(分量外)を入れ、野菜を加える。しんなりとしたらきつく水気を絞る。

  3. 3

    くるみはすり鉢に入れ、粒々がなくなるまでする。Aの調味料を入れてなめらかになるまでよくすり混ぜる。

  4. 4

    312を加えてあえ、器に盛る。あればくるみを飾る。