04.07

WED

今日は、“癒しホルモン”が豊富な
かつおをつかって

ストレスに強くなるおかずを紹介します。

  • かつお

    トリプトファンという必須アミノ酸が含まれており、体内に入ると“癒しホルモン”と呼ばれる、セロトニンという成分に変わり、精神の安定をはかる働きをします。

食材監修 白澤卓二

白澤抗加齢医学研究所所長・医学博士

鈴木登紀子さんのかつおのたたき
ばぁば風

かつおのたたきはたっぷりの薬味と一緒に
いただくのがばぁば流。

1人分…236kcal

塩分(1人分)…2.2g

材料2人分

かつお(腹身)
300g
レモン汁
1/2個分
生姜のすりおろし
大さじ3
にんにくのすりおろし
大さじ2
細ねぎの小口切り
4本分
青じそ
3枚
きゅうり
1本
わかめ(戻したもの)
50g
にんじん
少々
みょうが
2本
ねぎ
1/2本
赤糸のり
少々
溶き芥子、醤油
適量

つくり方

  1. 1

    かつおは血合いを取り、皮目を下にまな板に横に置き、手前に金串が交差して重なるように、皮目の近くに5本の金串を末広に打つ。

  2. 2

    ガスコンロの直火にかざして、皮目からあぶる。軽く焼き目がついたら裏返して、身をあぶり、色が変わったら氷水につけて金串を抜き取る。冷めたら布巾にとって水気をふく。

  3. 3

    2を皮目を手前にしてまな板に置き、5mm厚さに切る。レモン汁をふりかけ、にんにくを切り身の上にのせてぺたぺたと叩いてなじませる。生姜も同様になじませる。

  4. 4

    3を器に盛り、細ねぎをのせる。

  5. 5

    つまをつくる。きゅうりは薄い小口切りにして塩水(分量外)にさらして水気を絞る。わかめは熱湯にくぐらせて冷水にとり、食べやすい大きさに切る。にんじんはせん切り、みょうがは縦半分に切ってから薄切り、ねぎは白髪に切り、布巾で包んで流水でもみ洗いをする。

  6. 6

    5と青じそ、赤糸のりを3の皿に盛り合わせる。醤油と好みで溶き芥子をつけていただく。