04.08

THU

今日は、“癒しホルモン”が豊富な
鶏むね肉をつかって

ストレスに強くなるおかずを紹介します。

  • 鶏むね肉

    トリプトファンという必須アミノ酸が含まれており、体内に入ると“癒しホルモン”と呼ばれる、セロトニンという成分に変わり、精神の安定をはかる働きをします。

食材監修 白澤卓二

白澤抗加齢医学研究所所長・医学博士

鈴木登紀子さんの揚げ鶏の春野菜添え

カラリと揚げた鶏肉に
旬の春野菜をたっぷり添えていただきます。

1人分…364kcal

塩分(1人分)…1.5g

材料2人分

鶏むね肉(皮なし)
1枚(270g)
片栗粉
大さじ4
空豆(さやなし)
150g
うど
1/3本
揚げ油
適量

A

酒、醤油
各大さじ1
みりん
大さじ1/2

つくり方

  1. 1

    鶏肉は縦半分に切り、ひと口大の薄切りにしてAをまぶす。ときどき混ぜながら5分ほど置く。

  2. 2

    1の汁気を軽くきり、片栗粉をまぶして余分な粉をはたく。揚げ油を170度に熱して1分ほどこんがりと揚げる。

  3. 3

    空豆はやわらかくゆでる。うどは皮をむいて2cm長さの厚めの拍子切りにする。酢水(分量外)に2分ほど放し、水洗いをしてざるに上げる。

  4. 4

    器に2を盛り、3を彩りよく添える。