04.22

THU

今日は、“癒しホルモン”が豊富な
鶏むね肉をつかって

ストレスに強くなるおかずを紹介します。

  • 鶏むね肉

    トリプトファンという必須アミノ酸が含まれており、体内に入ると“癒しホルモン”と呼ばれる、セロトニンという成分に変わり、精神の安定をはかる働きをします。

食材監修 白澤卓二

白澤抗加齢医学研究所所長・医学博士

松本忠子さんのゆで鶏の香味あえ

しっとりゆでた鶏肉を裂いて
中華風ドレッシングであえます。

1人分…288kcal

塩分(1人分)…3.1g

材料2人分

鶏むね肉
1枚(200g)
ねぎ
1/2本
味つきザーサイ
50g
生姜
20g
きゅうり
1本

A

3カップ
大さじ2
ねぎの青い部分、生姜、にんじんの皮
適量

B

薄口醤油
大さじ1強
みりん
大さじ1
大さじ2
ごま油
小さじ2

つくり方

  1. 1

    鶏肉は大きく3枚ほどのそぎ切りにし、Aとともに鍋に入れて10~15分ゆで、そのまま冷ます。

  2. 2

    ねぎは4cm長さの白髪に切る。ザーサイ、生姜、きゅうりはせん切りにする。

  3. 3

    1の鶏肉は細く手で裂き、ボウルに入れBを加える。ねぎ以外の2も加えて軽くあえ、器に盛る。ねぎを天盛りする。