血管をしなやかに保つのに役立つ
さば・きのこ・海藻をつかって

動脈硬化対策に役立つおかずを紹介します。

  • さば

    青魚に含まれるDHAやEPAには中性脂肪を減らすなどの役割があります。

  • きのこ・海藻

    不溶性食物繊維のきのこ類は脂肪を輩出しやすくし、糖やコレステロールの吸収を穏やかにする海藻類の水溶性食物繊維とバランスよく摂ることが大切です。

「砂糖」について
「精白糖」は血糖値を急激に上昇下降させ、低血糖症(血糖値が常に低い病気)の一因になるとも言われるため、なるべく避け、てんさい糖などを使いましょう。
「油」について
サラダ油に含まれるリノール酸は、摂取すると体内で炎症反応や血液凝固作用がみられるため、オリーブオイルやえごま油などをおすすめします。

食材監修 白澤卓二

白澤抗加齢医学研究所所長・医学博士