【オトナの歌謡曲インタビュー】中納 良恵(EGO-WRAPPIN’)

【オトナの歌謡曲インタビュー】中納 良恵(EGO-WRAPPIN’)

笠置シヅ子さんを初めて聴いて驚いた。
「日本にもこんなにファンキーな歌手がいたんや!」

「ハッピー☆ブギ」の歌い手として、 私をよう選んでくれはった(笑)。

──『ブギウギ』の主題歌「ハッピー☆ブギ」は、服部良一さんの孫にあたる服部隆之さんが作詞・作曲を手掛け、中納良恵さん、さかいゆうさん、そして福来スズ子を演じる趣里さんの3人がボーカルを担当しています。中納さんは、服部隆之さんから直々に指名を受けたそうですね。

そうなんです。「よう選んでくれはったな」って、私としてはそればっかりですよ(笑)。「服部さん、周りから反対されへんかったんかな?」みたいな。

──ドラマの中で、羽鳥善一が「この曲は福来くんがいないと完成しないんだよ!」と熱弁するようなテンションですかね。

そうそう、「中納さんでやりたいんだよ!」って。そこまでの感じだったかどうかは知らんけど(笑)。でも、服部さんがおらんかったら、多分この話はなかったでしょうね。

服部さんとは直接の面識はなかったんですけど、以前、別の作品でも一度声を掛けてもらったことがあって。諸事情でそれは流れてしまったんですが、そこでまた今回の話をくださって。

──「ハッピー☆ブギ」を最初に聴いた時の印象は?

いやー、ブギにもいろんなブギがあるなあって。

──たしかに、EGO-WRAPPIN'の楽曲の中にも「サイコアナルシス」や「Neon Sing Stomp」のようなブギのナンバーがいくつかあって、バンドでもブギは得意するところですもんね。それらともまったく違う角度のブギがやってきたぞ、と?

やっぱりドラマの主題歌というのもあるし、さらに毎朝流れるわけやから、ポップで爽やかなブギになったなって印象でした。とにかくブギってタイトルについたら、何でもブギなんやから。ブルースってついたら、何でもブルースだったように。

──服部良一さんと笠置シヅ子さんが手を組んで、いろいろなスタイルのブギを量産してきた時代にあった発想の自由さを、服部隆之さんが現代の感覚で昇華させたような。今の時代だからこそ生まれたブギという感じがします。

「ラッパと娘」“のバドジスデジドダー”とか、「ジャングル・ブギー」の“ボンバ ボンバ”を連想させるような、オノマトペ的なスキャットも入ってたりね。

歌詞も服部隆之さんが書かれたんですけど、例えば「元気です」とか、私からは出てこないフレーズもあったので、自分の中に馴染むようにちょっと練習しました。

この曲、ボーカルのレコーディングは私が1番目だったんです。自分の歌がどの部分を採用されるのか分からないので、最後までほぼ通しで歌って。

──なるほど、初めからパート割がちゃんと決まっていたわけじゃないんですね。

レコーディングスタジオにはNHKの偉い人とか、服部さんの事務所の社長さんとか、大勢の方がいらっしゃってて。みんな立ってはって、ちょっとかしこまってる空気が漂ってたんです(笑)。

なのでこっちも「なんか、すんません。私で大丈夫ですか?」みたいにやってたら、ちょっと和んだので。「あ、ここは普通にやろう」って思って。私は新人でもないし、ある程度知ってもらえて呼んでくれてはるから。「まあ、このままでええんとちゃう」って、ちょっと開き直るぐらいの感じで挑みました。

右から趣里さん、中納さん、さかいゆうさん 9.9』(レベル・ナイン・ポイント・ナイン)。

──レコーディングは、3人別々だったんですよね?

そうです。だから趣里さんとも、ジャケットの撮影で一回しか会えてないんですよ。最初は私とさかいゆうくんの2人で歌う予定だったみたいです。

そしたら撮影や劇中歌の録音を重ねていくごとに、趣里さんの歌が成長していったので、「ハッピー☆ブギ」のボーカルに加わってもらったって、服部さんがおっしゃってました。

──そうだったんですね。

ジャケット撮影の時は、放送も始まってなかったから、どんな感じのものになるか分からなかったけど、ドラマを観て、やっぱりいい女優さんやなって。私も純粋に楽しみながら観てます。

笠置さんは、どん底を見たけど、 何くそと這い上がってきた人。

──ドラマを通じて、笠置シヅ子の歌をちゃんと聴いたことがない世代にも、広く伝わるきっかけになるのは嬉しいですよね。

私も笠置さんが歌ってる映像を、そんなに多く観たわけじゃないんですけど、すごくチャーミングで、垢抜けたオシャレな方やったんやろうなって。

大スターではあるけれど、孤高のスターとか幻想的な歌姫とかいうのでもなく、庶民的な親しみやすさがあって。『ブギウギ』でも描かれるように、親や弟、旦那さんとか、死というものと直面する時代や現実を生きてきた。

いろんな苦労もあって、どん底を見たけど、そこから何くそと這い上がってきはった人。明るい歌声の奥に深い悲しみがあるからこそ説得力があるんやと思うし、人々はそこに深い感動を覚えるんじゃないでしょうか。

「ハッピー☆ブギ」(中納良恵/さかいゆう/趣里)発売中
『ブギウギ 歌の大傑作集』2024年3月30日リリース。
劇中でヒロイン・福来スズ子(趣里)が歌唱する「東京ブギウギ」「ラッパと娘」「ヘイヘイブギー」「大空の弟(ブギウギ 巡業 Ver.)」や、茨田りつ子(菊地凛子)の「別れのブルース」、中納良恵(EGO-WRAPPIN')、さかいゆう、趣里が歌う主題歌「ハッピー☆ブギ」などを収録。『連続テレビ小説「ブギウギ」オリジナル・サウンドトラック Vol.3』も同日発売。
中納良恵(EGO-WRAPPIN’)
1996年 中納良恵(Vo、作詞作曲)と森雅樹(G、作曲)によってEGO-WRAPPIN’を結成。ロック、ジャズ、リズム&ブルース、レゲエ/スカなど、様々なジャンルを消化しながら、独自の音楽を生み続ける。代表曲に「色彩のブルース」「くちばしにチェリー」「a love song」「GO ACTION」など。また、中納良恵個人としてもソロ活動を展開。2021年には通算3作目となるソロ・アルバム『あまい』をリリース。

●EGO-WRAPPIN' live tour
"HALL LOTTA LOVE ~ホールに溢れる愛を~"
2024年4月5日(金)名古屋 芸術創造センター
2024年4月6日(土)大阪 NHK大阪ホール
2024年4月14日(日)横浜 神奈川県民ホール

取材・文/宮内 健 撮影/小原泰広