大切なのは、分かりやすい伝え方。日頃からのコミュニケーション。

「実親」のリアル

続いては、ステップファミリーとして新たな道を歩み始めた実親からのよくある相談を、緒倉さんのアドバイスと共に紹介します。

よくある相談
子育てについて
実親と継親が
対立してしまう

  • 継親から「どうしてこの子はこれくらいのことができないの」と、できないことばかり並べ立てられ、実親はこれまでの躾や子育てを否定されたように感じる。
  • 子どもに向ける眼差しの温かさ、大切に思う気持ちに差異があり、いつの間にか互いに傷ついている。

実親のあなたへ

大切な我が子。「自分と同じくらい大切にしてほしい」と願うことは自然なことだと思います。ただ、大切にする方法や表現は、必ずしもあなたと同じではありません。子どもが生まれた瞬間からその成長を育み、見守ってきたその深い思い入れは、あなただからこそ。

それと同じように、パートナーも実親子と出会い、そこからの関わり一つ一つに思いを重ねている途中です。「この子は意外に繊細だな」「自分には強気だけど甘えたさもあるな」と、継親なりの理解を深めようとしています。

理解しようとする過程で、パートナーは「自分はこうだった」「普通はこうでしょ」と、やや無理のある理屈を用いて問題意識を持つことがあります。こうした時、継親の意見が実親の子育てにケチをつける形となってしまいます。

失礼に感じる物言いに、悲しい気持ちになるのは無理もありません。しかし、子育てをめぐる対立は、ステップファミリーでは頻繁にあることです。継親なりの気づき、意見の意図に関心を持ち、互いにどのようなことを目標にしたら良いのかを、よく話し合うことが解決への一歩となります。

話し合うには、子どもの成長にかかる情報の提示、パートナーが理解しやすいように具体的に伝える工夫も必要です。そのためには日頃からコミュニケーションスキルの上達にも意識して取り組みましょう。

継親のあなたへ

継親だからといって「子育てに手を抜いてはいけない」という気持ちがないでしょうか。いつしかそれが気負いとなり、厳しい眼差しに変わっていることが多いのが継親の立場です。そのことに自分自身で気づき、少しショックを受けたこともあるのではないでしょうか。

あなたが指摘していることは、間違いではないかもしれません。でも正しいかどうかよりも、「パートナーや継子を否定する表現になっていないかどうか」、そのことの方がステップファミリー育成への影響が大きいと知っておきましょう。

実親でもあるパートナーは、あなたに温かで穏やかな理解を求めています。そして夫婦関係を維持するには安心と信頼が土台に必要です。ですが、正しさや厳しい眼差しは、安心とは真逆に向きやすいものです。

あなたの気づきが重要なことであればこそ、実親がちゃんとその意図を理解できるような伝達をすること。「何でできないの? 当たり前のことなのに」といった表現は悪い方向にしか進みません。「○○するためにどうしたらいいか、一緒に考えようよ」といった、パートナーと共にあるような伝え方をしましょう。

〜ステップファミリー
関連書の紹介〜

書籍表紙

『ステップファミリーを育むための基本知識』

(監修:野沢慎司・菊地真理/発行:SAJ)

『ステップファミリーのきほんをまなぶ 離婚・再婚と子どもたち(金剛出版)』から、基本の「き」を抽出・圧縮した冊子。本を読むのが苦手な人でもチャレンジしやすい16ページ構成。ウェブ上では無料で読むことができる。

『ステップファミリー 子供から見た離婚・再婚』

(野沢慎司、菊地真理 著/KADOKAWA)

20年間にわたるステップファミリー研究での知見をもとに、ステップファミリーが抱える問題を社会側からの視点で捉えた一冊。ステップファミリーが社会で見えない存在になっているのはなぜか? そのような社会の盲点を家族社会学者である二人の著者が鋭く描き出す。

撮影/武政欽哉