毎週木曜更新

ワル猫だもの ネコに学ぶ人生訓

これがボスワルの生態だ!

A耳が小さい

太っても鍛えても耳は大きくならず、顔と比較して小さく見える。ケンカで損傷を受けて丸まったり、スコティッシュフォールド風折れ耳もいる。

Bエラの張った顔

エラと呼ばれる顎の張りがボス猫のシンボル。ケンカの噛みつきで顎の筋肉が発達し、加齢で厚みも増す。

C太い手足

幼少期のヒョロい手足も、長年のケンカで立派な腕と脚になっていく。がっしり大地を掴んで歩を進めば、もはや猫というよりライオン。

顔が大きく、足が短い。ボスワルこそが日本人体型を受け継ぐ日本猫と呼べそう。

ボスのスタイルも多様化

猫たちの住む地域によってボスのタイプに違いが出る。多くのオス猫のいる地区で頂点に君臨するボスは凄みのある大ボスだが、オス猫が少なければ若いイケメンボスがメスに囲まれハーレム状態。また孤立した離島よりも様々な地域を渡り歩くことが出来る街猫ほど大ボスになる確率が高い。しかし、去勢済みの地域猫が増え、いまやボスらしいボス猫自体が貴重な存在だ。

ボスワルのキーワード

人を恐れない

写真を撮るにはとてもいい被写体のボス。カメラのレンズにひるむことなく、興味深そうに近づいてくる。本人は監視のつもりでも、人間には交流を求める姿勢に見え、地域のお年寄り(人間)からも評判が良い。

挨拶の嵐

猫の群れで暮らす以上、ボス猫に挨拶をするのがお約束。親愛の情を表すのと同時に力の確認作業。ボスが現れると猫たちは次々に恭順の姿勢をみせる。写真中央の母猫は息子と一緒に名刺代わりの頬ずり。

遠巻きの存在

ボスは猫社会の中心だが、群れの中で和気あいあいと過ごす存在ではない。普段は親子猫などが過ごす猫だまりから、適度の距離を保つ。自分の存在で皆を刺激しないようにするボスなりの配慮だ。

肉体改造

最初は同じサイズの子猫だが、ボスの域になると身体が巨大化する。並の猫と比べて1.5 倍以上。彼らの肉体改造力は驚かされる。洋猫系の長毛種は目を引くが、努力で培ったボスの肉体のど迫力にはかなわない。

「ワル猫だもの」
関連のカレンダー

群れ猫カレンダーMOOK2021

「群れ猫カレンダーMOOK2021」

820円(税込)

2020年12月から2022年3月までの16ヵ月分を収録。コロナ禍で変化する人間関係の手本となるような、他者との距離の取り方の極意を猫たちから学べます☆

詳しく見る※「通販生活」を離れます

ワル猫カレンダーMOOK2021

「ワル猫カレンダーMOOK2021」

820円(税込)

人を見下したような鋭い眼光がたまらないワルな猫たちがどっさり!パンチ穴付きで、そのまま壁掛けカレンダーとして使える特別仕様です。2020年12月から2022年3月までの16ヵ月分収録。

詳しく見る※「通販生活」を離れます

ボスワル一覧へ戻る

ワル猫だもの 目次へ