琉球ヘナカラー「美ら艶」 白髪染めのダメージが気になる人へ。メイド・イン・沖縄原料100%のヘナの染毛料。

  • 美ら艶-ちゅらつや-(ブラウン)0
  • 美ら艶-ちゅらつや-(ブラウン)1
  • 美ら艶-ちゅらつや-(ブラウン)2
  • 美ら艶-ちゅらつや-(ブラウン)3
  • 美ら艶-ちゅらつや-(ブラウン)4
  • 美ら艶-ちゅらつや-(ブラウン)5
  • 美ら艶-ちゅらつや-(ブラウン)6

琉球ヘナカラー

美ら艶-ちゅらつや-(ブラウン)

内容量100g(ショートヘア2回分)
染色ブラウン
成分ヘンナ[ヘンナ/沖縄]、ナンバンアイ葉[タイワンコマツナギ/沖縄]、ブッソウゲ花[ハイビスカス/沖縄]、褐藻[オキナワモズク/沖縄]
※エタノールフリー
※まれにアレルギー反応(草かぶれ)を起こす場合があるため、ご使用の2日前にパッチテストをしてください。
使用期限目安未開封3年(開封後3ヵ月)
保存方法高温多湿、直射日光を避けて保存
製造国日本
染色色素が多い開花直前の「ヘナの葉」を収穫後、すぐに微粒子化しているからよく染まる。

 ヘナの染毛料はたくさん出回っていますが、海外産のヘナを使っているものがほとんどです。ヘナ(ミソハギ科の植物)の色素は赤みが強いので、赤みを抑えるために合成色素や定着させるための増粘剤を添加しているものも見かけます。
 それに対して本品は沖縄産天然原料100%の染毛料です。ヘナも沖縄産なら、落ち着いたブラウンに染めるためのナンバン藍(マメ科の植物)もトリートメント成分のハイビスカスとモズクもすべて沖縄産です。
 ヘナの色素(ローソン)は、開花前の成熟葉にもっとも大量に含まれています。本品のヘナは、7月、10月、12月の開花直前に収穫されて、鮮度を落とさないように、30分以内に加工工場に持ち込んで、乾燥・微粉末化しています。
 専用の粉砕機で5回粉砕することで、微粒子パウダーになって植物が髪に密着しやすくなるので、増粘剤などの添加物を加えなくてもツヤのある落ち着いたブラウンに染まります。
 1袋は100グラム入りで、ショートヘアなら2回分です。パウダー状の本品を50〜60℃のお湯でよく溶いたら準備完了。
 髪に塗って約40〜60分ほど待ってからお湯で洗い流してください。パウダー粒子が細かいので、髪の生え際にもよく密着して、きれいに染まるはずです。
 髪質によりますが、色もちは2〜4週間。
 ヘナを農薬を使わずに栽培するのは沖縄県南城市と島尻郡の5人組(代表者・神谷美枝子さん)。微粉末化(製品化)は西原特区村ちむてぃち。

ヘナ粉末にまぜている脇役たち。

  • ナンバン藍(ヘナの色を落ちつかせるため)
  • ハイビスカス(保湿成分として)
  • モズク(保湿成分として)

 むろん、すべて沖縄産です。
 この天然100%の微粉末が届いたら、お湯で溶いて髪に塗り、40〜60分おいて洗い流してください。はい、気になる白髪、おだやかな茶色に美しく染まりました。色持ちは2〜4週間。
 試してみて合わないときは返金しますので、空の袋を返送してください(返送料はご負担ください)。
 染毛作業に便利な「ターバン・手袋つき」もあります。
 生え際染めなどの部分染めなら25g、ショートヘアなら50g、セミロングなら75g使ってください。

「染めた後にパサパサにならないので驚きました。ハリとツヤが出て、まとまりやすくなりました」

山瀧和子さん(59歳・柏市・愛用歴1年)

 元美容師なので、強いパーマ液やヘアダイで髪がどのくらい傷むのかよく知っています。私自身、強めの薬液を使うとかぶれやすいので、自分が白髪を染めるときはヘナを使おうと思っていました。
 ところがヘナといってもさまざまですね。数年前からヘナを使うようになりましたが、思ったような色に染まらなかったり、フケが出たこともありました。
 何種類も試しましたが、いまのところ、1年前から使っているこれが一番です。仕上がりの色は明るすぎないブラウンだし、私の肌に合っているようで、トラブルはありません。ペーストをつくるときにダマがほとんどできないので、根元までしっかり塗りやすいのも気に入っています。
 それ以上によかったのが、髪にハリとツヤが出てきて、まとまりやすくなってきたことです。髪の毛を染める作業とトリートメントがいっしょにできるのはありがたい。色もちが若干短い気がしますが、それ以外は文句ありません。

お気に入りリストに移動


ログイン

ご確認ください