ダブル美白成分でシミ、増やさない!プロ納得の保湿力で冬の手荒れも怖くない。

  • 薬用Wホワイトニングハンドクリーム「雪の下」0
  • 薬用Wホワイトニングハンドクリーム「雪の下」1
  • 薬用Wホワイトニングハンドクリーム「雪の下」2
  • 薬用Wホワイトニングハンドクリーム「雪の下」3
  • 薬用Wホワイトニングハンドクリーム「雪の下」4

ミロット

薬用Wホワイトニングハンドクリーム「雪の下」

●本品は医薬部外品です

効能・効果メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ。潤いを与える。
肌荒れ、荒れ症を防ぐ。
内容量50g(1日3回の使用で約2ヵ月分)
使用期限目安未開封3年(開封後3ヵ月)
保存方法直射日光や高温、極度な低温を避けて保存
製造国日本

※原料の一部に小麦が使われています。製品に小麦タンパクは含まれていませんが、小麦アレルギーの方はご注意ください。
※「天然原料」とは「自然原料」または「自然由来原料」のこと

成分一覧

【有効成分】L-アスコルビン酸2-グルコシド〔馬鈴薯澱粉/日本〕、アルブチン〔トウモロコシ/中国〕

【その他の成分】精製水〔水/日本〕、トリ(カプリル・カプリン酸)グリセリル〔パーム油、パーム核油、ヤシ油/マレーシア〕、1,3-ブチレングリコール〔サトウキビ/アジア〕、水酸化カリウム〔鉱物/日本〕、アラキルグルコシド・アラキルアルコール・ベヘニルアルコール〔菜種、トウモロコシ、小麦/マレーシア、ヨーロッパ〕、ベヘニルアルコール〔菜種/ヨーロッパ〕、自己乳化型モノステアリン酸グリセリル〔ヤシ、パーム/フィリピン、マレーシア〕、パルミチン酸セチル〔パーム核、ヤシ、パーム/マレーシア、タイ、フィリピン〕、親油型モノステアリン酸グリセリル〔パーム、ヤシ、パーム核/マレーシア、フィリピン〕、植物性スクワラン〔オリーブ/スペイン〕、キサンタンガム〔トウモロコシ/アメリカ〕、ε-ポリリジン10%溶液〔微生物発酵/日本〕、d-δ-トコフェロール〔大豆、菜種/ブラジル、アメリカ、日本、インド〕、クエン酸ナトリウム〔タピオカ、トウモロコシ/中国〕、クエン酸〔タピオカ、トウモロコシ/中国〕、フィチン酸液〔米/日本〕、リン酸化オリゴ糖カルシウム〔ジャガイモ/日本〕、シロキクラゲ多糖体〔シロキクラゲ/中国〕、無水エタノール〔サトウキビ/ブラジル、タイ〕、ユキノシタエキス〔ユキノシタ/日本〕、シャクヤクエキス〔シャクヤク/日本〕、キューカンバーエキス(1)〔キュウリ/日本〕

●『アラキルグルコシド・アラキルアルコール・ベヘニルアルコール』の由来原料の一部に小麦が使われています。製品に小麦タンパクは含まれていませんが、小麦アレルギーの方はご注意ください。

薬用美白成分2種配合かつオール天然原料は本品だけ。

 下記林さんのようなヘアメイクアップアーティスト、園芸家など「手が商売道具」の方が何本もリピートしてくださっているハンドクリームです。1本で手荒れと乾燥だけでなくシミまでケアしてくれるすぐれもの。薬用美白成分をダブル配合した全成分天然原料のハンドクリームは他に見当たりません。
 薬用美白成分は2種(ビタミンC誘導体とアルブチン)配合。シミのもとメラニンの生成を防いでくれますから、今年の猛暑で日差しを燦々と浴びてしまった方はぜひお試しを。「年々、シミが浮き出てきた」と手の老け込みに悩む読者ほど、本品の効果を実感してくださっています。
 しっとり肌をつくってくれるのは7種の保湿成分です。ユキノシタエキスやシャクヤクエキスなどの浸透型保湿成分が、角質層を内側から潤します。その水分をオリーブスクワランなどの皮脂膜成分が逃さずパック。手洗い後のカサつきも防ぎます。まだまだ続く「消毒生活」で荒れがちな手にもおすすめ。
 合成界面活性剤、防腐剤、香料、着色料は一切使っていません。メーカーは創業87年のミロット。


効能・効果
・メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ。
・潤いを与える。
・肌荒れ、荒れ症を防ぐ。

●文中の「美白」とはメラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐことです。

「3年間つづいたコロナ禍も手荒れゼロで乗り切れました。シミもゼロのままがいいな(笑)」

愛用歴4年 林みどりさん(ヘアメイクアップアーティスト・60歳)

 ヘアメイクにとって手は命。モデルさんや俳優さんの顔に直に触れますから、ささくれやざらつきはご法度です。ハンドクリームは山のように試しましたよ。でも私の理想である「しっとりするけどベタつかない」ものにはなかなか出会えず、さまよい続けていました。
『雪の下』は19年の春に知人のハンドモデルさんが「これなら満足できるかも」と紹介してくれたんです。テクスチャーはこっくりとして濃厚なのに、手に塗り込むとすぐにサラッとなじんでくれる。表面を覆うのではなくて、肌の内側に「潤いが入る〞感じなんですよね。じゃぶじゃぶ手洗いしてもヌルヌル溶けだしてこないのに、肌はもっちりしたまま。職業柄、ただでさえ多い手洗いがコロナ禍で3倍くらいに増えてからも、手荒れとは無縁でいられました。
 この4年、毎日欠かさず朝昼晩と『雪の下』を塗りこんでいたからでしょうか。なんだか手の甲がだんだん明るくなってきたような気がするんです。今年で還暦を迎えましたが、新しいシミも出てきていませんよ。どんどん若返ってくれるのかしらなんて、期待しちゃいます(笑)。

はやし・みどり●広告、CM、ファッション雑誌やビューティーページメイクなどを多く手掛ける。後進育成のためメイク講師としても幅広く活躍。

お気に入りリストに移動


ログイン

ご確認ください