アミノ酸2倍、アルコールゼロの「奇跡のコメ発酵液」だから、しぼんだ肌もしっとり、ふっくら。

  • 日本酒エキスローション「ゆきあかり」0
  • 日本酒エキスローション「ゆきあかり」1
  • 日本酒エキスローション「ゆきあかり」2
  • 日本酒エキスローション「ゆきあかり」3
  • 日本酒エキスローション「ゆきあかり」4
  • 日本酒エキスローション「ゆきあかり」5
  • 日本酒エキスローション「ゆきあかり」6

福光屋

日本酒エキスローション「ゆきあかり」

内容量120ml(朝晩の使用で約2ヵ月分)
使用期限目安未開封3年(開封後約3ヵ月)
保存方法直射日光を避け40℃以下で保存
製造国日本

※エタノールフリー。

成分 由来となる主な原料 由来原料の主な産地
石川
コメ発酵液(FRS-02)兵庫
プロパンジオールトウモロコシアメリカ
グリセリルグルコシドヤシ、パーム、なたね、とうもろこし、馬鈴薯等インドネシア、フィリピン、マレーシア、ドイツ、フランス、アメリカ
グリセリンヤシ、パーム、なたね、ひまわりインドネシア、フィリピン、マレーシア、ドイツ、フランス、チェコ、スロバキア
グルコシルセラミド日本
加水分解酵母エキス酵母日本
キダチアロエ葉エキスキダチアロエ高知
α−グルカントウモロコシアメリカ
ジグリセリンヤシ、パームフィリピン、インドネシア、マレーシア
ココイルアルギニンエチルPCAヤシ・アミノ酸(微生物醗酵)日本
カプリル酸グリセリル植物油(ヤシ、パーム)フィリピン、マレーシア、インドネシア
ラウリン酸ポリグリセリル-10ヤシ、パームフィリピン、マレーシア、インドネシア
BGサトウキビアジア(インド等)
クエン酸とうもろこし中国
クエン酸Naとうもろこし、タピオカ、甘藷、岩塩中国、タイ、ベトナム、オーストラリア
「10年以上これひと筋」の声、続出。肌を構成するアミノ酸15種を補える。

「日本酒を仕込む杜氏の手肌は抜けるように白く美しい」と言われるとおり、アミノ酸豊富なコメ発酵液(日本酒)は、わが国が誇る美肌素材です。江戸の美容本『都風俗化粧伝(みやこふうぞくけわいでん)』(1813年刊)にも、日本酒と冬瓜を煮詰めて塗れば27日後には”色白くなること実に奇功を得ること神のごとし”と書かれています。
 日本酒化粧水のなかでも、金沢きっての老舗酒蔵、福光屋(1625年創業)製の本品は20種ものアミノ酸を含む希少品です。肌のうるおいやハリに欠かせない『天然保湿因子』を構成するアミノ酸をまるごと補給できるため、「肌のしっとり感がまるでちがう」とリピーターが続出。04年に発売以来、なんと16年連続で小社化粧水部門の売上1位に輝いています。
 メーカー従来のコメ発酵液に比べて「2倍ものアミノ酸」を含むのは、秘伝の酵母「FT15」で20日間じっくり発酵させているから。試作を300回重ねて完成させた、福光屋の熟練杜氏にしかできない醸造法です。日本酒化粧水ではめずらしい「アルコールゼロ」なので、敏感肌の読者にもよろこばれています。
 グルコシルセラミドなど10種の天然うるおい成分を加えた高保湿処方です。無着色、無香料。石油系原料は一切使用していません。

肌をうるおすアミノ酸を20種も含有。
(太字の15種が天然保湿因子を構成)
セリン5.87mgロイシン14.4mg
グリシン4.9mgチロシン2.96mg
アラニン8.86mgグルタミン酸6.59mg
トレオニン3.65mgプロリン5.82mg
ヒスチジン2.88mgフェニルアラニン7.23mg
アスパラギン酸5.26mgグルタミン38.38mg
バリン9.29mgアスパラギン6.89mg
アルギニン0.12mgメチオニン3.25mg
イソロイシン6.11mgシスチン1.17mg
リジン6.26mgトリプトファン1.42mg

1本120ml当りの含有量

※お手入れ方法やテクスチャーを下の動画でごらんいただけます。
動画はスマホやパソコンの音声を出してごらんください。

アミノ酸2倍量の算出条件

従来のコメ発酵液「FRS-01」と本品のコメ発酵液「FRS-02」のアミノ酸度を比較。アミノ酸(全アミノ酸)及びアミノ酸組成は石川県工業試験場調べ。アミノ酸度(全アミノ酸)は国税庁指定分析方法に採用されている Formol 滴定法にて試験。アミノ酸組成の分析には高速アミノ酸分析装置を使用。

エタノール(アルコール)含有試験

株式会社ブルームでガスクロマトグラフ法によりテスト。検出限界値以下(0.02%未満)。

「乳液や美容液に頼る必要がないくらい、50代の今がいちばん調子がいいんです」

愛用歴10年 西村由紀江さん(ピアニスト・54歳)

 はじめて『ゆきあかり』の取材をお受けしてから10年経ちましたが、つねに“今”の肌がいちばん好きですね。「マスク肌荒れ」と言われても「ん、なんのこと?」と思うくらい、肌が年々強くなっているというか、潤う自力が増しているのを感じています。
 だって、乳液もクリームも今はほとんどつけていませんから。もともとはすごい乾燥肌で、保湿化粧水をあれこれ試して乳液や美容液、クリームを重ねても、ステージライトを浴びるともう頬がパリパリ。どんなに手をかけても肌が潤いに飢えている感じだったのに、この化粧水に変えてからは“満腹”になったみたい。ぷるんとした弾力まで感じられるんです。
 友人に化粧品を聞かれるたびに定期で購入しているこれをすすめていたら、今や5人が『ゆきあかり』愛用者になりました。それだけ説得力のある肌になれたってことですよね、誇らしいです。

にしむら・ゆきえ●桐朋学園大学入学と同時にデビューし、36年に渡り第一線で活躍。今年4月に41枚めのアルバム『ピアノスイッチ2』を発表。

お気に入りリストに移動


ログイン

ご確認ください