「発酵米ぬか」が、くすみ・ザラつきをスッキリ落としてもちもち肌に。

  • 発酵米ぬかパック「ほおずり」0
  • 発酵米ぬかパック「ほおずり」1
  • 発酵米ぬかパック「ほおずり」2
  • 発酵米ぬかパック「ほおずり」3
  • 発酵米ぬかパック「ほおずり」4
  • 発酵米ぬかパック「ほおずり」5
  • 発酵米ぬかパック「ほおずり」6
  • 発酵米ぬかパック「ほおずり」7

日医製薬
発酵米ぬかウォッシュパック

ほおずり

内容量130g(約85回分)
使用期限目安未開封3年、開封後6ヵ月
保存方法直射日光・多湿を避けて常温保存
製造国日本

※エタノールフリー

成分一覧※エタノールフリー

ハチミツ〔蜂蜜/中国、ハンガリー、日本〕、バチルス(コメヌカ/ハチミツ)発酵物 〔米ぬか/日本〕、BG〔サトウキビ/インド〕、ココイルグルタミン酸 Na〔ココヤシ種子/インドネシア〕、ベタイン〔甜菜/デンマーク、スウェーデン〕、ラウロイルグルタミン酸 Na〔ココヤシ種子/インドネシア〕、ラウラミド DEA〔ヤシ油/マレーシア、フィリピン〕、加水分解コラーゲン〔魚の鱗/タイ、インド、バングラデシュ〕、黒砂糖〔サトウキビ/沖縄〕、ローヤルゼリー〔蜜蜂/日本、台湾〕、ヒアルロン酸 Na〔乳酸菌/茨城〕、グリコシルトレハロース〔馬鈴薯/北海道、鹿児島、アメリカ〕、アラントイン〔植物のヒレハリソウ/ニュージーランド〕、加水分解水添デンプン〔馬鈴薯澱粉/北海道、鹿児島、アメリカ〕

洗顔を兼ねて週3 〜4回、顔やデコルテに塗ったら1分おいて流すだけ。紫外線で酸化した皮脂や汚れを落とせばひと皮むけたような透明感のある肌が取り戻せます。

 肌がくすんだりざらつくのは、酸化した皮脂やメラニンを含む古い角質が残っているから。”天然のピーリング剤”の発酵米ぬかで、一掃してください。発酵米ぬかの酵素に含まれるバチルス菌群は、古い角質を分解して毛穴の詰まりも取り除いてくれます。
 酵素をたっぷり含むこの米ぬかは、日医製薬(1994年設立)の職人さんにしかつくれない希少品。米ぬかの状態を見極めながら毎日発酵槽をかき混ぜて、3〜6ヵ月じっくり発酵・熟成させて完成します。
 洗い上がりがつっぱらずしっとりしているのは、黒砂糖や蜂蜜、ローヤルゼリーなど9種の保湿成分を配合しているおかげ。全成分の72%が保湿成分ですから、敏感肌や乾燥肌の方にも喜ばれています。
 朝晩の洗顔を兼ねて、週3〜4回の使用が目安。「角質すっきり」と「肌しっとり」の両立をぜひ体験してください。発酵米ぬかをたっぷり配合している証拠に味噌のような香りがします。

ひと皮むけたみたいな明るい肌に、何度使っても毎回感動しちゃいます

愛用歴3年 馬場典子さん(アナウンサー・50歳)

 以前皮膚科で指摘されたのですが、私は「角質がたまりやすい肌質」なんだそう。どうりで頬は毛穴の黒ずみが目立つし、脂っぽいおでこや鼻筋にいたっては、角質のせいで肌が硬くなってしまって悩んでいました。何とかしたくてピーリング剤や酵素パックはいろいろ試したものの、肌に合わなかったりやり方が面倒だったりで、どれも続かなかったんです。
 このパックは初めて使ったときから大満足でした。だって1分放置するだけなのに、洗い流したら肌はつるつる。そのうえしっとり潤っているんですから。肌がやわらかくなって、ひと皮むけたみたいに自然なツヤが戻ってきます。週3回、もう3年使っていますが、洗い上がりのモチモチ感は何度触っても飽きません。毎回感動して、頬を両手で包んで「よしよし」とニンマリしているんですよ。
 使い始めてからくすみに悩まされることが減って、何より毛穴が目立たなくなったのもうれしいですね。以前は メイクをしてもらってもなかなか毛穴が隠れなかったのですが、今は難なくなめらかな肌がつくれています。メイ クさんにも、ファンデのノリがよくなったと褒められました。

ばば・のりこ●『あさイチ』(NHK)、『歌謡プレミアム』(BS日テレ)に出演中。大阪芸術大学放送学科教授も務める。

お気に入りリストに移動


ログイン

ご確認ください