敏感肌読者に愛されて10年め。軽い、潤う、くすみが飛ぶ!顔色が即、明るくなる日焼け止め。

  • UVカットスキンケア下地「しろめき」0
  • UVカットスキンケア下地「しろめき」1
  • UVカットスキンケア下地「しろめき」2
  • UVカットスキンケア下地「しろめき」3

UVカットスキンケア下地

しろめき

内容量 30ml(約100回分)
使用期限目安未開封3年(開封後6ヵ月)
保存方法極端な高温を避けて保存
製造国日本

※エタノールフリー

成分 由来となる主な原料 由来原料の主な産地
精製水日本
BGサトウキビアジア
スクワランオリーブヨーロッパ
酸化チタンイルメナイト鉱石南アフリカ、インド、カナダ、オーストラリア
パルミチン酸エチルヘキシルパーム等東南アジア
グリセリンパーム、パーム核、ヤシマレーシア、インドネシア、ヨーロッパ
乳酸桿菌/ダイコン根発酵液ダイコン Raphanus sativusの根アメリカ
セスキイソステアリン酸ソルビタン大豆、菜種、トウモロコシ、馬鈴薯、甘藷、タピオカ等北米、ヨーロッパ、中国、アメリカ、日本、タイ
イソステアリン酸イソステアリルパーム、パーム核、ヤシ、菜種、大豆、オリーブ、サフラワー、ヒマワリ等アジア、ヨーロッパ
トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリルパーム、パーム核マレーシア
ステアリン酸ポリグリセリル-10ヤシ、パーム、パーム核フィリピン、マレーシア、インドネシア
オクテニルコハク酸トウモロコシデンプンAlコーンスターチ非公開
水酸化Alボーキサイト鉱石オーストラリア
ステアリン酸パームマレーシア
シリカ鉱物マレーシア、オーストラリア、ベトナム
ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)ヤシ、大豆、菜種、サトウキビ、タピオカ等由来の糖蜜使用微生物発酵東南アジア、インドネシア、ブラジル
水溶性コラーゲントラフグの真皮日本(下関産)
シロキクラゲ多糖体シロキクラゲ(キノコ)中国
エピロビウムフレイスケリエキスエピロビウムフレイスケリスイス
カニナバラ果実油カニナバラの果実イタリア、モロッコ
フェルラ酸日本、ブラジル、ベトナム、タイ、ウルグアイ、アメリカ
ラウロイルリシンラウリン酸:ヤシ、L-リジン:微生物発酵(サトウキビ、タピオカ等の糖液使用)東南アジア、タイ
PCA-Naサトウキビ、タピオカ等由来の糖蜜使用の微生物発酵サトウキビ、タピオカ等:ブラジル
ベタイン甜菜北海道
トコフェロール大豆ブラジル
ラウリン酸ポリグリセリル-10ヤシ、パーム、パーム核フィリピン、マレーシア、インドネシア
ポリリシノレイン酸ポリグリセリル-6ヒマ、ヤシ、パームインド、フィリピン、インドネシア、マレーシア
キサンタンガム微生物発酵(トウモロコシ、大豆)アメリカ
クエン酸トウモロコシドイツ、フランス
クエン酸Naトウモロコシドイツ、フランス
ケイ酸(Al/Mg)粘土特定できず
タルク鉱物中国
含水シリカ鉱物オーストラリア
酸化鉄鉱物特定できず
アルミナ鉱物インドネシア、オーストラリア、ベトナム、インド

「私の肌に合うのは『しろめき』だけ」……敏感肌の読者から注文が絶えない化粧下地です。通販生活のUVカットコスメのなかでも、いちばん軽くて伸びがいいからでしょう。乳液のようにスルスルッとなめらかに肌を包んで、生活紫外線を防いでくれます。毎日塗りたくなる理由がもうひとつ。ごらんあれ、くすみや毛穴の凹凸をナチュラルにカバーできるのです。

特長1 酸化チタンが光を乱反射。肌に明るさ、舞い戻る。

シミのカバー力は控えめですが、毛穴や色ムラ、クマをぼかして明るくきめ細かい肌に見せてくれます。色白さんにもおすすめです。

特長2 保湿成分10種で肌負担を軽減。洗顔後、いきなり塗れる。

オリーブスクワランなど、化粧水や美容液なみの保湿成分を配合。素肌に塗ってもカサつきません。UVカット力はSPF30、PA++。買い物や散歩で浴びる日差しも、室内に入り込む紫外線もこわくありません。

メーカーについて

潤皙肌』と同じく、天然原料コスメで実績のあるエフシー中央薬理研究所。

※仕上がりイメージやテクスチャーを下の動画でごらんいただけます。
動画はスマホやパソコンの音声を出してごらんください。

「窓辺の日差しすら私には刺激。敏感肌にとってこの軽さは救いです」

小川 糸さん(作家・49歳)愛用歴1年半

 12年前、取材でバンクーバーを訪ねました。太陽の下でインタビューしていたら、いきなり頬がジリジリと熱くなって、ホテルに帰った時には真っ赤。「日光アレルギー」と診断されて、それ以来、帽子と日焼け止めなしではベランダにすら出られません。
 ところが、その日焼け止めが私の肌には負担なんです。ずいぶん敏感になってしまって、オーガニック原料のクリームタイプを選んでも、まるでお面をつけたように肌が苦しい。一昨年出会ったこれは、心の底から「ラク!」と思いました。肌がよろこぶ日焼け止めって あるんですね。私にとっては、本当に乳液のような感覚です。スルスル伸びて肌になじみますし、たっぷりつけてもすっぴんみたいに軽い。洗顔後にこれさえ塗っておけば、陽が当たるリビングで読書にふけっても頬がほてってきません。
 去年(21年)の7月には、念願だった山形・出羽三山の登頂に挑戦したんです。太陽を恐れずに趣味の登山に打ち込めるなんて何年ぶりでしょう。これを小まめに塗っていたおかげか、肌が腫れずに登りきれました。顔に健康的な明るさが出るので、取材ではファンデーションの下地として愛用しています。

おがわ・いと●08年『食堂かたつむり』(ポプラ社)でデビュー。イタリア・バンカレッラ賞など受賞歴多数。最新作は『真夜中の栗』(幻冬舎文庫)。

お気に入りリストに移動


ログイン

ご確認ください