視界が暗くならないのにギラギラ反射のまぶしさをここまで軽減してくれる。

  • ドライビンググラス「ポラベール」0紫外線99.9%カット、青色高専62.0%カット。(一財)日本眼鏡普及光学器検査協会調べ※青色光線は日本医用工学機器工業会の青色光カットに関するガイドラインに基づく数値。画像を拡大
  • ドライビンググラス「ポラベール」1画像を拡大
  • ドライビンググラス「ポラベール」2可視光線透過率・・・64.3% 太陽のギラギラを抑える偏光レンズ(偏光度59%)なのに、ほら、視界は明るいまま。画像を拡大
  • ドライビンググラス「ポラベール」0
  • ドライビンググラス「ポラベール」1
  • ドライビンググラス「ポラベール」2

三興・メイソウ

ドライビンググラス「ポラベール」

オーバーグラス縦4.9×横15.3cm
ツル長さ13cm、重さ38g
材質:ポリカーボネート
ノーマルグラス縦3.5×横14cm
ツル長さ13cm、重さ18g
材質:レンズ/ポリカーボネート、フレーム/ニッケル合金、ポリカーボネート
付属品専用ケース
製造国日本

※『ポラベール』は医療機器ではありません。また、家庭用品品質表示法の定める「サングラス」ではありません。

太陽光線に含まれている紫外線は白内障の一因と言われています。同じく青色光線は加齢黄斑変性の一因と言われています。眼鏡を掛けているからと、ドライブ用グラスを掛けてこなかった50代以上のドライバーは、この夏からぜひ本品で防いでほしい。

 薄色なのに、実は偏光レンズ。愛用している眼鏡の上から掛けて使えるドライブ用です。
 偏光レンズとは、さまざまな方向から目の中に飛び込んでくる不快な光(まぶしさ)をカットして、正面から入ってくる光だけを通してくれるレンズのこと。偏光レンズは色が濃いものが主流ですが、本品はごらんの薄色。視界が明るいので違和感なく運転できます。
 この薄色偏光レンズは、レンズに挟み込んだ偏光フィルムごと色ムラなく曲げられる「熱圧力加工」によって実現した希少レンズです。レンズ加工で定評のある三興(1977年創業)の独自技術です。
 眼鏡の上に掛けることを考慮してツルは軽量のポリカーボネート。レンズと合せても約38グラムなので長く運転しても疲れにくいです。
※夜間とトンネル内は使用不可。

「9年前、左目が加齢黄斑変性と診断されて、まぶしさに過敏になってしまった」

江本孟紀さん(野球解説者)

「9年前に左目が加齢黄斑変性と診断されてから運転中のまぶしさに敏感になってね。度つきサングラスをつくったら、レンズが黄色で景色が不自然に見えるし、僕に似合わない(笑)。黒いレンズにしたら今度は暗すぎてダメ」
 もうサングラスをつくるのはうんざりと思っていたときに、2016年春号で本品を見つけてお申込み。
「眼鏡の上から掛けても違和感がないもんだね。何よりこの薄色がいい。景色はふだん通りに見えるのに対向車のフロントガラスのギラギラが気にならないし、夕方の首都高でも西日やビルの反射光が運転の邪魔にならない。赤信号や前を走る車のブレーキランプもくっきり見える。いや、ラクだよ」

えもと・たけのり●球界を代表する名ピッチャーとして活躍。著書に『野球バカは死なず』(文春新書)など。

お気に入りリストに移動


ログイン

ご確認ください