復活!ナンシー関の記憶スケッチアカデミー

T・Y(54歳・会社員)

細い細い記憶の糸を頼りに、何とかカバを描こうという努力の足跡です。記憶の糸をたどるほどに確かにカタチは表れてきます。しかし、ここまでやってもこのありさま。たどった糸の先に何かがあるとは限らない、それもまた人生の真理のひとつです。

「カバ」の全作品を見る

ナンシー関

消しゴム版画家、コラムニスト。1962年、青森市生まれ。84年、消しゴム版画家としてデビュー。コラム執筆でも才能を発揮し、雑誌連載や著書も多数。02年6月12日逝去。享年39。

M・T(20歳・接客業)

ただでさえカバではないものを敢えてかけぬけさせたことで、より一層カバ度激減。時には「イチかバチか」が意外な功を奏することもありますが、たいていは失敗です。ケツが汚いのはカバ度アップ。

「カバ」の全作品を見る

ナンシー関

消しゴム版画家、コラムニスト。1962年、青森市生まれ。84年、消しゴム版画家としてデビュー。コラム執筆でも才能を発揮し、雑誌連載や著書も多数。02年6月12日逝去。享年39。

K・S(55歳・会社員)

もしかしたら、カバとワニを取り違えているのかもしれませんが、その判断すらつきません。いや、ワニだカバだと言うよりは、サツマイモかどうかを考えるべきかもしれませんし。

「カバ」の全作品を見る

ナンシー関

消しゴム版画家、コラムニスト。1962年、青森市生まれ。84年、消しゴム版画家としてデビュー。コラム執筆でも才能を発揮し、雑誌連載や著書も多数。02年6月12日逝去。享年39。

O・T(13歳)

ものすごくウケグチ。長く鋭いキバが生えていますが、噛みつかれたところで合わさる上の歯がないので、大事には至らないでしょう。それどころか急に口を閉めると、キバが眉間にささりかねません。

「カバ」の全作品を見る

ナンシー関

消しゴム版画家、コラムニスト。1962年、青森市生まれ。84年、消しゴム版画家としてデビュー。コラム執筆でも才能を発揮し、雑誌連載や著書も多数。02年6月12日逝去。享年39。

O・R(62歳)

面長ですねえ。動物の横顔というのは、造形的にもなかなか難しいもの。ウサギは描けてもウサギの横顔はなかなか描けないでしょう。とりあえずコレは頭とカラダを、とってつけた感じです。

「カバ」の全作品を見る

ナンシー関

消しゴム版画家、コラムニスト。1962年、青森市生まれ。84年、消しゴム版画家としてデビュー。コラム執筆でも才能を発揮し、雑誌連載や著書も多数。02年6月12日逝去。享年39。

M・M(67歳・無職)

「アタシのどこがカバじゃございませんですこと」って感じでしょうか。しかし、私がこれだけ言ってきたにもかかわらず、今回の「眉毛」カバの多さと言ったら。来年を「眉毛撲滅年」にします。

「カバ」の全作品を見る

ナンシー関

消しゴム版画家、コラムニスト。1962年、青森市生まれ。84年、消しゴム版画家としてデビュー。コラム執筆でも才能を発揮し、雑誌連載や著書も多数。02年6月12日逝去。享年39。

I・M(76歳)

故・岡本太郎先生を彷彿とさせるデザインワーク。が、カバとして見れば何一つ認めるところはありません。左の空に浮かんだソレは何ですか。モザイクはかけなくてもいいものですか?

「カバ」の全作品を見る

ナンシー関

消しゴム版画家、コラムニスト。1962年、青森市生まれ。84年、消しゴム版画家としてデビュー。コラム執筆でも才能を発揮し、雑誌連載や著書も多数。02年6月12日逝去。享年39。

O・E(70歳)

カバに見せたいとか、カバっぽく描きたいなんて気持ちは「邪念」なのかもしれません。筆を持ったらあとは筆のおもむくまま、それが「画」というもの。しかし、誰か「お題はカバ」と教えましたか?

「カバ」の全作品を見る

ナンシー関

消しゴム版画家、コラムニスト。1962年、青森市生まれ。84年、消しゴム版画家としてデビュー。コラム執筆でも才能を発揮し、雑誌連載や著書も多数。02年6月12日逝去。享年39。

K・S(79歳)

一見すると「どこがカバだよ」という部分に気を取られがちですが、それよりも問題は構図にあります。小首をかしげた角度で頭が半分以上はみ出るほど寄っている。なにか訴えたいことがありますか?

「カバ」の全作品を見る

ナンシー関

消しゴム版画家、コラムニスト。1962年、青森市生まれ。84年、消しゴム版画家としてデビュー。コラム執筆でも才能を発揮し、雑誌連載や著書も多数。02年6月12日逝去。享年39。

T・S(49歳・公務員)

「座れ!」と、とりあえず頭ごなしに怒鳴っておきましょう。そんな訳のわからないナリのくせに、何の遠慮もなく完全に立ち上がられると「逆ギレ」という言葉さえ浮かびます。

「カバ」の全作品を見る

ナンシー関

消しゴム版画家、コラムニスト。1962年、青森市生まれ。84年、消しゴム版画家としてデビュー。コラム執筆でも才能を発揮し、雑誌連載や著書も多数。02年6月12日逝去。享年39。

A・M(59歳・主婦)

つぶらな瞳とへの字に結んだおちょぼ口、胸には何かお茶碗のようなものを抱えています。でも、これは全体で「顔」。ダルマ型なのは「全身」像ではなく、極端に下膨れなりんかく。だまし絵のよう。

「カバ」の全作品を見る

ナンシー関

消しゴム版画家、コラムニスト。1962年、青森市生まれ。84年、消しゴム版画家としてデビュー。コラム執筆でも才能を発揮し、雑誌連載や著書も多数。02年6月12日逝去。享年39。

I・M(14歳・中学3年)

かなり絵が上手です。その画力ゆえに、どこかにこんなカバがいそうな気がしてきます。でもこれは、画力のマジックが生んだ幻のカバ。実はIさん、それほどカバに詳しくはありません。

「カバ」の全作品を見る

ナンシー関

消しゴム版画家、コラムニスト。1962年、青森市生まれ。84年、消しゴム版画家としてデビュー。コラム執筆でも才能を発揮し、雑誌連載や著書も多数。02年6月12日逝去。享年39。

K・S(67歳・無職)

振り向いて微笑むその小憎たらしさは、どこか徳光さんに似ています。カバとしては25点というところですが、これがトラとして見ても牛として見ても犬として見ても25点だから不思議です。

「カバ」の全作品を見る

ナンシー関

消しゴム版画家、コラムニスト。1962年、青森市生まれ。84年、消しゴム版画家としてデビュー。コラム執筆でも才能を発揮し、雑誌連載や著書も多数。02年6月12日逝去。享年39。

N・U(89歳・無職)

筆の運びといい、記憶のあいまいさ加減といい、見事な高齢作品です。お年を見れば89歳。さすがです。教科書通りの、これぞ「記憶スケッチ」と言える作品です。何の教科書だ、ってのもありますが。

「カバ」の全作品を見る

ナンシー関

消しゴム版画家、コラムニスト。1962年、青森市生まれ。84年、消しゴム版画家としてデビュー。コラム執筆でも才能を発揮し、雑誌連載や著書も多数。02年6月12日逝去。享年39。

Y・Y(86歳・無職)

カバという動物は、のんびりおっとりしているイメージがあります。姿形もどっしりして重厚な印象です。しかし、このカバの薄いこと。ものすごく高い声でキーキー鳴きそうです。寿命も4年位でしょう。

「カバ」の全作品を見る

ナンシー関

消しゴム版画家、コラムニスト。1962年、青森市生まれ。84年、消しゴム版画家としてデビュー。コラム執筆でも才能を発揮し、雑誌連載や著書も多数。02年6月12日逝去。享年39。

T・T(77歳)

今回、最も興味をひかれた生き物です。 あと をつけたいです。観察して日記もつけたいです。額のシワは何故5本? 謎は尽きまじ。なにを考えているのかな?? もちろんそんなことは私には解りません。

「カバ」の全作品を見る

ナンシー関

消しゴム版画家、コラムニスト。1962年、青森市生まれ。84年、消しゴム版画家としてデビュー。コラム執筆でも才能を発揮し、雑誌連載や著書も多数。02年6月12日逝去。享年39。