の老いるショック

17

『“ソウルフード”は韓国の料理のことだと、つい最近まで思っていた。ちなみに私のソウルフードは母が作ってくれたイナゴの佃煮です』

ヨタヘロ婆さん・87歳

16

『孫の入学祝のケーキを階段で落として、落としショック!「オメデトウ」の文字はわかるから、ま、いっか』

ハンド・ニャンコ・70歳

15

『娘と遠方のレストランで豪華ランチを予約。節約のため路線バスと高速バスで向かう途中、夫から『入れ歯忘れてるよ』とケイタイが入る。戻ってタクシーと新幹線で出直した。あーあ』

アロマオイル・77歳

14

『ガムを噛んでいたら、口の中を噛んでしまった。その後もときどき噛む。口の中もたるんでくるのだろうか』

顔はたるんでいる。・66歳

13

『美味しいケーキとコーヒーでおやつタイム。「至福のひと時だね」と言ったら妻が「死ぬ気のひと時?」と……』

千里の十三番さん・83歳

12

『ティータイム、間髪いれずに皆一斉にトイレに駆け込む「チィータイム」になった』

ケビンコス・57歳

11

『若い時は酸味の強いリンゴの丸かじりが好きだったが、今は柔らかく甘味の強いリンゴを、皮をむいてゆっくり少しずつよく噛んで食べている』

リンゴ好き、ひいちゃん・75歳

10

『苦い漢方薬をオブラートに包んで飲んでいる。オブラートが1枚ずつ取れず、2枚3枚とくっついてくる』

るるる・62歳

9

『映画鑑賞中、暗闇の中でバッグから一口チョコを出して口に……ん、味がヘン? 旅先のホテルで使わなかったミニ石鹸をもらってバッグに入れたことを思い出す。ごそごそと吐き出した』

ひらひろ・72歳

8

『お蕎麦が好きなのに昔のように勢いよくススれない。箸で手繰り寄せながら食べるのが淋しい』

ぴこぴこ・58歳

7

『豆類のおつまみにハマって毎日食べていたら、奥歯が炎症を起こして流動食生活に。硬いものには要注意!』

歯は大切に・59歳

6

『同い年の友人にカリフォルニアロール巻のレシピを教えてあげたら、いつの間にか“ロサンゼルス巻”になっていた』

S・C・75歳

5

『カリカリのから揚げやバナナオムレツ(お菓子)、脳は欲するのに胃と歯が拒否する』

るう・62歳

4

『年のせいか味覚や嗅覚があまりないので、もしコロナにかかっても判断がつかないのではと心配。そうなると後遺症の心配もないな』

夫は聴覚もない・78歳

3

『煎餅は固ければ固いほど良いと思っていたが、今は細かく割って、口の中でやわらかくしてからそーっと噛む』

江戸っ子・81歳

2

『飲んだ後の「シメのラーメン」は、もう自分は一生食べないだろうなと思うようになった。シメどころか、ツマミも極端に少なくなった』

M・J・63歳

1

『タピオカを一度も食べたことがない』

N・H・60歳