ぺしゃんこ髪を長時間ふっくら髪に変えてくれる美容師さんの根元立ち上げドライを、自宅でラクに実現できる。

  • 通販生活のルーツアップ®0
  • 通販生活のルーツアップ®1
  • 通販生活のルーツアップ®2
  • 通販生活のルーツアップ®3
  • 通販生活のルーツアップ®4

ボリュームアップドライヤー

通販生活のルーツアップ®

サイズ幅8×奥行16(ノズル除く)×高さ29cm、コード長さ約2m
重さ470g(ノズル除く)
風速約14m/秒
風量約1.7㎥/分(強)
材質ポリカーボネート、TPE、ラバー
消費電力1200W(温風・強)/530W(温風・弱)
※電気代目安5.4円/温風・強10分
付属品ノーマルノズル
製造国中国

※実用新案登録済。
※タコ足配線禁止。

環境チェック情報

主要材料経口部分・食品接触部分使用材料電源コード・プラグの材質梱包材
コードプラグ
PC、TPEなしクロロスルフォン化ポリエチレンクロロスルフォン化ポリエチレン段ボール、ポリ袋(PP)

CO₂排出量情報

消費電力使用時間CO₂排出量電気代目安
1200W(強)1日1回10分、1年間使用すると61時間28.45kgCO₂1,974円
4本のフィンガーノズルが髪に分け入り、根元をしっかり乾かすので、髪のふっくら感、7時間(平均)はつづきます。

 美容室で経験したことありませんかーー
 洗髪後に髪を乾かす時、美容師さんが片方の手で髪の根元を露出させながら、ドライヤーで根元の向きとは逆向きに温風を当てて、根元→中間→毛先の順に乾かしていく乾かし方。
 髪のボリュームをつくるためには、なによりも根元から立ち上げて乾かすことが大切なんですね。
 でも、美容室で経験した立ち上げブロー、自宅で左手を手ぐしにしてかき分けながら右手でドライヤーを動かし続けても、温風がうまく根元に届かなくてボリュームをつくれなかった人、多かったはずです。
 本機はそんなボリュームづくりに手こずってきたぺたんこ髪用のドライヤー。先端のフィンガーノズルが指の役割を演じてくれるので、確実に温風が根元に届くところが、従来のドライヤーと決定的に違う特長。両手を使う必要もありません。
 4本のノズルの先端から温風、冷風が強、弱の2段階風量で噴出します。スイッチを強にすると業務用なみの1分当たり1.7㎥もの大風量になります。

  • 夜、洗髪して本機でふっくらドライ。根元がしっかり乾いているので、翌朝もふっくら。
  • 念のために、お出かけの日の朝は頭頂部と前髪の根元を軽く濡らして2、3分、根元ドライ。これで夕方までふっくらのまま。
 これならベテラン美容師さんならずとも、「根元立ち上げドライ」は可能です。
 通販生活読者50人のアンケート結果によると、平均ふっくら持続時間は7.3時間(それまでのドライヤーでは2.5時間)です ※個人差がありますので、うまく仕上げられない場合は14日以内なら返品できます(返品送料はご負担ください)。

使い方

 ノズルは2種類ついています。

  • 髪の少ない人ははじめから『フィンガーノズル』をつけて立ち上げドライしてください。
  • 髪の多い人は『ノーマルノズル』で8割がた乾かしたあと、『フィンガーノズル』に付替えて立ち上げドライしてください。

メーカー

 この画期的なフィンガー式ドライヤーを開発したのは、業務用ドライヤーやヘアアイロンなどの理美容製品メーカーのクレイツ(1984年創業)。
 本機の『フィンガーノズル』は実用新案登録済みのすぐれものです。

 ●『ルーツアップ』の「フィンガーノズル」を家族で別々に使いたい人には、交換用もあります。詳細はこちら

「私と同じ老年期の女性たちこそ、積極的におしゃれをしてほしい」

大宅映子さん(評論家)

 朝起きて、ヘアウォーターで軽く濡らして、ドライヤーとブラシで整えても、頭頂部が潰れて見える。前髪もぺたっと見えてしまう。だから、よろこんでモニターを引き受けました。
 お風呂上がりにこれで髪の毛を乾かすと、乾く速さが違います。ショートヘアなのでもともと5分くらいで乾くのですが、このフィンガーノズルなら2分くらいで乾いていると思う。温風が根元までしっかり到達しているからでしょうね。
 夜、洗髪しておくと翌朝のヘアセットがラク。ふわっとさせたい頭頂部と前髪の根元をヘアウォーターで軽く濡らして、これを頭頂部にむかって滑らせるだけだから5分もかからない。
 これまでだと、午前中のテレビ出演を終えたあとに鏡を見ると、朝のふわふわ感がなくなっていて、午後の講演会を終えたころにはぺたんこだったのが、いまは夕方まで頭頂部のふわふわがキープできますよ。

「この根元ドライ、理にかなっています。頭頂部の髪の毛がピンと自立します」

幸田真音さん(作家)

 16年1月の通販生活春号でこの4本ノズルドライヤーを見つけたときは「この手があったか!」と興奮してすぐに申込みました。
 草をイメージするとよくわかるけど、根元から倒れた草をピンと立たせるのって大変じゃない? これは肝心の根元から立ち上げてくれるから、髪の毛が自立してふんわり感が長持ちするんです。
 髪の立ち上がり方、たしかに違います。夜にシャンプーをしても根元を乾かせているせいか、翌朝もふわっとしています。
 講演会や取材などがある日は、出かける前にこの4本ノズルで前髪と頭頂部の毛を押し上げるようにセットすると、午後になっても分け目がペタッとしてきません。写真撮影の前に手ぐしで軽く整えるだけでふわっとします。覇気がない印象で写るわけにはいかないから大助かり。
 もう一つ、乾きにくい根元から乾かせるので、以前は5分はかかっていた朝のドライが、いまは3分足らずで済みます。

「頭頂部のぺしゃんこと毛先パサつきはこれで解決しました」

久保京子さん(モデル)

 私、美容師の資格を持っているので、モデルになってからも髪の知識が役立っていて。加齢や出産で髪質が変化するたびにお手入れを見直してきました。でも、更年期の変化は手ごわかった(笑)。髪がやせて湿度が高いと頭頂部がペタンコ。50代半ばから江戸川大学で「キレイスタイル論」講座を担当しているのでなおさら髪の「ふっくら」「艶やか」には気をつけています。
 このフィンガー式は、悩み多き60代のセミロングにぴったり。私は、〈ノーマルノズル〉でざっと乾かして地肌が湿っているうちに〈フィンガーノズル〉に変えます。毛流れに逆らう要領でノズルをうなじから頭頂部へ、右から左、左から右へと大胆にゆっくりかき上げるように乾かすと、5分ほどで地肌が乾いて頭頂部がふわっ。毛先に水分が残っているうちにワックスをつけて動きを出すとつややかに仕上がります。髪を若々しく見せるには、このうるおい感も大切なんです。

お気に入りリストに移動


ログイン

ご確認ください