35年も売れ続けている理由は、高級メリノ羊毛の3.5センチのロング毛足がつくる極暖力。

  • ホワイトクラウド®0
  • ホワイトクラウド®1
  • ホワイトクラウド®2
  • ホワイトクラウド®3
  • ホワイトクラウド®4
  • ホワイトクラウド®5

通販生活の羊毛毛布

ホワイトクラウド®

●敷毛布

シングル200×100cm、重さ約1.9kg
ダブル200×140cm、重さ約2.75kg
素材パイル:羊毛100%/地糸:ポリエステル100%
製造国日本

●敷毛布足入れタイプ

シングル250×100cm、重さ約2.5kg
ダブル250×140cm、重さ約3.5kg
素材パイル:羊毛100%/地糸:ポリエステル100%
別布:ポリエステル65%、綿35%
製造国日本

●掛毛布

シングル215×150cm、重さ約2.3kg
ダブル215×175cm、重さ約2.8kg
素材パイル:羊毛100%/地糸:ポリエステル100%
裏地:ポリエステル65%、綿35%
製造国日本

環境チェック情報

ホルムアルデヒド測定値家庭洗濯可能梱包材
20ppm以下
(敷シングルのみ)
ポリ袋(PE)、不織布(PP)
高級羊毛「ミディアムメリノ」の柔らかな感触。

 電気毛布は暖かいけど、朝起きるとのどがカラカラ…そんな体温調節力が落ちてくる60代、70代の支持を集めている羊毛毛布。
 肌着に使われるほど柔らかいオーストラリア産の高級羊毛「ミディアムメリノ」をシングル1枚につき1.5頭分も使っている。髪の毛の3分の1という細さで毛足は3.5センチと長いため(画像2枚目)、体温のぬくもりをたっぷりため込んで逃がさない。
 ここまで細く長い羊毛を高密度に編み込んだ羊毛毛布はじつに希少。ひと晩中、羊の背に密着しているような暖かさ。極細、長毛、高密度(1平方センチ当り5.5グラム)の三拍子が揃った羊毛毛布はじつに希少です。
 羊毛に備わった調湿機能でムレを逃がしてくれるのも人気の理由。
 使い始めの1シーズンは遊び毛が出るため、ホコリに敏感な人にはおすすめできない。

人気の根拠
  1. 3.5センチのロング毛足は競合品には見当たらない。
  2. 羊毛は本場オーストラリア産の高級品種「ミディアムメリノ」。

「この羊毛の暖かさに惚れ込んで、母、私、娘そして孫まで4世代で愛用しています」

宮嶋浩子さん(登別市・77歳)

 25年前、先に使っていた母が寝心地に感動して私や娘の分まで買ってくれたんです。電気毛布の強制的な暖かさとは違ってフワッと包まれるような暖かさ。寝床へ入るとすぐに足先がホカホカしてきて、スーッと眠ってしまいます。登別の冬はマイナス気温がザラですが、寝る前に暖房を切っても寒さで目が覚めません。
 シーズン終わりにお手入れを欠かさなかったからか、暖かさはほとんど変らなかったけれど、18年使ったらお尻の辺りが薄くなってきたので迷わず買い替えました。これがないと眠れませんからね。


「永年の電気毛布派でしたが、これが来てから17年、一切使わなくなりました」

佐藤加代子さん(北見市・74歳)

 北見ではマイナス20℃まで冷え込む夜もあるので電気毛布は欠かせません。でも、50歳を過ぎたころから夜中に喉がカラカラに乾き、それが元で風邪をひく回数も増えたのでこれを申込みました。
 電気毛布とは違うリラックスできる暖かさで、背中や太ももの裏の体温がふさふさの羊毛にじんわり広がっていくのを感じているうちに、いつの間にか寝てしまいます。
 以来17年間、この羊毛に頼りっぱなし。これに変えてからは朝、体が重だるくないし、のどの乾きもなくなりました。

お気に入りリストに移動


ログイン

ご確認ください