重ね布団で冷える人、電気毛布でのどが渇く人へ。毛足3.5cmの羊毛が真冬の冷気を寄せつけない。

羊毛敷毛布

ホワイトクラウド

●敷毛布

シングル200×100cm、重さ約1.9kg
ダブル200×140cm、重さ約2.75kg
素材パイル:羊毛100%/地糸:ポリエステル100%
製造国日本

●敷毛布足入れタイプ

シングル250×100cm、重さ約2.5kg
ダブル250×140cm、重さ約3.5kg
素材パイル:羊毛100%/地糸:ポリエステル100%
別布:ポリエステル65%、綿35%
製造国日本

●掛毛布

シングル215×150cm、重さ約2.3kg
ダブル215×175cm、重さ約2.8kg
素材パイル:羊毛100%/地糸:ポリエステル100%
裏地:ポリエステル65%、綿35%
製造国日本
羊毛の細さ、長さ、密度…どれをとっても国内最高クラスの極暖品。

 本品ほど暖かい敷毛布はめったに見つからないでしょう。掛布団をいくら重ねても寒い人や、電気毛布では肌やのどが乾いてしまう中高年の方から32年も支持されているロングセラーです。
 なにせ本品はオーストラリア産羊毛「ミディアムメリノ」100%。肌着に使われるほど柔らかい高級品種で、髪の毛の約3分の1という細さです。毛足は3.5センチと長いため(画像2枚目)、体温をため込む“ちぢれ”がたっぷり。
 この羊毛をシングル1枚につき1.5頭分も贅沢に編み込んでありますから、ひと晩中、羊の背に密着しているような暖かさ。極細、長毛、高密度(1平方センチ当り5.5グラム)の三拍子が揃った羊毛敷毛布はじつに希少です。
 羊毛に備わった調湿機能でムレを逃がしてくれるのも人気の理由。
 使いはじめの1シーズンは遊び毛が出るので、ホコリに敏感な人にはおすすめしません。

「フサフサの羊毛に肩まで埋もれる暖かさったら。氷点下の夜も5分とたたず眠れます」

我妻マリさん(モデル)

 冬はマイナス7℃まで冷え込む栃木の山奥住まいです。しかも築80年の日本家屋ですから、すき間風があちこちから入ってくる。冷え性の身にはこたえます。
 電気毛布は肌が乾いてモデル業に差し支えるので、眠るときは掛布団が頼りでした。ケットに羽毛布団2枚とカシミヤ毛布を重ねていましたが、肩口から冷気がスースー……。布団のなかが暖まるまで毎晩30分は縮こまって震えていました。
 5分で眠れるようになったのは、一昨年友人が教えてくれたこれのおかげ。敷毛布ひとつでこんなに暖まるのね。羊さんの長い毛が肩までみっしり覆ってくれるから、ちっとも冷気を感じないの。寝転んだそばからホンワカ温もりが広がって、寒いと感じる暇もないくらい。おかげで羽毛布団を1枚減らせました。
 朝起きても手足の先までホカホカ。朝の寝室は4℃まで冷えますが、すぐ着替えに取りかかれます。

あづま・まり●1968年モデルデビュー以来、パリ、ミラノ、ニューヨークなど世界的に活躍。

お気に入りリストに移動


ログイン

ご確認ください