「羽毛レベルの暖かさ」を達成した「ホコリが出にくい中わた」は本品の他には見当たらない。

  • 蓄熱ホコリカット掛布団0
  • 蓄熱ホコリカット掛布団1
  • 蓄熱ホコリカット掛布団2
  • 蓄熱ホコリカット掛布団3
  • 蓄熱ホコリカット掛布団4
  • 蓄熱ホコリカット掛布団5
  • 蓄熱ホコリカット掛布団6

クラボウ

蓄熱ホコリカット掛布団

シングル縦210×横150cm
重さ約1.6kg(中綿約0.8kg)
セミダブル縦210×横170cm
重さ約1.9kg(中綿約1.0kg)
ダブル縦210×横190cm
重さ約2.2kg(中綿約1.2kg)
材質ポリエステル
洗濯方法洗濯機で弱水流ネット洗い(シングルは7kg以上、セミダブル・ダブルは9kg以上の洗濯機推奨)。
製造国日本

環境チェック情報

ホルムアルテヒド測定値家庭洗濯可能梱包材
20ppm以下ポリ袋(PP)、不織布
ホコリの出にくい掛布団、冬版が誕生。

 アレルギーもちの人にとって、冬の寝具選びはひと苦労。「ホコリが出にくい」をうたうポリエステル中わた布団は数あれど、「暖かさがイマイチ」という声が多かったからです。
 しかし、待てば海路の日和あり。「ホコリが出にくい」に加えて「暖かい」を見事に一体化させたアレルゲン対策布団、とうとう完成しました。

布団ホコリの正体は中わたのちぎれ片。

 ダニのフンや死骸だけでなく、布団自体からもホコリは出ます。中わたの細かいちぎれ片です。寝返りを打つだけで微細なサイズのちぎれ片がパッと舞い上がります。
 繊維メーカー大手のクラボウ(1888年創業)が開発したばかりのポリエステルわた『蓄熱ホコリカット』は「ちぎれにくい」のが第一の特長。ふつうの力ではまずちぎれません。
 第二の特長は保温性。画像3枚目をごらんください。重さは同じ800グラムなのに、中わたのカサ高は本品が2倍以上(メーカー自社比)。一般的なポリエステルわたは「短繊維を接着させた固まりを詰める」のに対して、本品は同じポリエステルわたでも「長繊維をフワフワにほぐして詰める」。したがってカサ高が大きくなり、そのぶん、体温で暖められた空気がたっぷり布団内に滞留します。
 中わた量が1キロ前後のアレルゲン対策布団の競合品2種と本品(0.8キロ)の、保温性(クロー値)をユニチカガーメンテックで比較したところ

  1. 本品………4.70クロー
  2. 競合品A…4.17クロー
  3. 競合品B…3.74クロー

 温度に換算すると、本品はAよりも約2.6℃、Bよりも約4.8℃暖かいという結果(1クロー=寝床内温度約5℃で計算)。
 クラボウはこの画期的な長繊維中わたを厳寒のアウトドアジャケット用に開発しましたが、布団用は通販生活だけ。

人気の根拠
  1. 長繊維だから引っぱっても中わたがちぎれにくい。
  2. 繊維と繊維のすき間に体温をたっぷり溜め込む。
保温性テスト

室温8℃・湿度34〜36%の人工気候室内で36℃に設定したサーマルマネキンに本品を掛け、布団内温度が安定した後マネキンへの電力供給を止め、30分後に布団を取り除いてサーモグラフィを測定。ほぼ同重量の従来品(ポリエステル綿のアレルギー対策掛布団)についても同じ方法で温度を測定した(20年7月31日実施)。(検査機関:ユニチカガーメンテック(株))

お気に入りリストに移動


ログイン

ご確認ください