本品より暖かい「ホコリ対策布団」はまず見当らない。保温力はなんと「羽毛レベル」。

  • 蓄熱ホコリカット掛布団0シングル画像を拡大
  • 蓄熱ホコリカット掛布団1ダブル画像を拡大
  • 蓄熱ホコリカット掛布団2長繊維だから引っぱっても中わたがちぎれにくい。画像を拡大
  • 蓄熱ホコリカット掛布団3繊維と繊維のすき間に体温をたっぷりため込む。サーマルマネキンに本品と従来品を掛け、 30分後にサーモ撮影(ユニチカガーメンテック)画像を拡大
  • 蓄熱ホコリカット掛布団4同じ重さでもカサ高がこんなに違う。そのぶん、体温をため込むから暖かい。画像を拡大
  • 蓄熱ホコリカット掛布団5洗濯機で洗えます。画像を拡大
  • 蓄熱ホコリカット掛布団0
  • 蓄熱ホコリカット掛布団1
  • 蓄熱ホコリカット掛布団2
  • 蓄熱ホコリカット掛布団3
  • 蓄熱ホコリカット掛布団4
  • 蓄熱ホコリカット掛布団5

クラボウ

蓄熱ホコリカット掛布団

シングル縦210×横150cm
重さ約1.6kg(中綿約0.8kg)
セミダブル縦210×横170cm
重さ約1.9kg(中綿約1.0kg)
ダブル縦210×横190cm
重さ約2.2kg(中綿約1.2kg)
材質ポリエステル
洗濯方法洗濯機で弱水流ネット洗い(シングルは7kg以上、セミダブル・ダブルは9kg以上の洗濯機推奨)。
製造国日本

環境チェック情報

ホルムアルテヒド測定値家庭洗濯可能梱包材
20ppm以下ポリ袋(PP)、不織布

 アレルギー持ちの人にとっては、布団はアレルゲンの発生源。布団の中わた、側生地の繊維は摩擦によって小さくちぎれてホコリになる。
 ちぎれにくいポリエステル繊維を使ったアレルギー対策の寝具が売られているが、ちぎれにくい繊維は直線状のものが多くて、暖かい空気を溜め込みにくいという弱点があった。
 それに対して本品は、繊維メーカー大手のクラボウ(1888年創業)が開発した「長繊維中わた」を採用している。

  1. 繊維の1本1本が長いので、ふつうの力で引っ張ったくらいではまずちぎれない。したがってホコリが発生しにくい。
  2. 繊維が縮れて絡み合っているので、暖かい空気を大量に溜め込む。ここから「羽毛なみ」の暖かさが生れてくる。
  3. 綿布団と比べてかなり軽い。シングルサイズでわずか1.6キロしかない。

 この繊維、もともとはクラボウが厳寒の冬山登山に欠かせないアウトドアジャケットの中わたとして開発したものなので、寝具用は通販生活だけの専用品。
 もう一つ、アレルギー対策布団の必須条件は「洗える」こと。本品シングルは容量7キロ以上の洗濯機で洗える(弱水流で洗濯ネット使用)。セミダブル、ダブルは容量9キロ以上の洗濯機で。

「ホコリを抑えてくれて、しかも暖かいなんて。ぜん息持ちで冷え性の私にはこれしかありません」

近藤史恵さん(作家)

 冬の寝室の寒さには毎年悩んでいました。ぜん息持ちなのでエアコンは使えないし、ホコリの出やすい羽毛布団も無理。加えてアトピーなので電気毛布は肌が乾燥して症状がひどくなるし……。探しに探して今年(21年)の2月にやっとこれにたどり着いたんです。
 いままで使っていた化繊布団の半分くらいの軽さなのに、しっかり暖かいじゃないですか。「蓄熱」の名はダテじゃないですね、布団内の空気がじんわりと暖まってきて、それが朝まで続きます。化繊布団の下に我慢して掛けていた重い羊毛毛布を、使わなくてすむようになったのもうれしい。
 この一年、新刊の『たまごの旅人』(実業之日本社)の執筆や文芸誌の書き下ろしなどでバタバタしていましたが、一度も風邪をひかず、ぜん息の症状も出なかったのはこれのおかげもあると思います。

こんどう・ふみえ●93年『凍える島』(東京創元社)でデビュー。08年『サクリファイス』(新潮社)で第10回大藪春彦賞受賞。

お気に入りリストに移動


ログイン

ご確認ください