伝統のシボ入り麻生地の涼しさと、ラミー麻わた(3層)の抜群の吸汗性。

通販生活の近江ちぢみ本麻シーツ

ベージュのみ
サイズシングルのみ、(約)縦200×横100cm
重さ約910g(中わた240g)
素材表地・中綿/麻100%、裏地/綿100%
洗濯方法洗濯機で弱水流ネット洗い
製造国日本

※本品のズレ防止ベルトは厚さ30cmまでのマットレスに対応します。

環境情報

ホルムアルテヒド測定値家庭洗濯可能梱包材
20ppm以下不織布バッグ(PP、PE)
洗濯機で丸洗いしても縮みにくい特許製法のラミー麻わた。

 近江ちぢみは江戸時代発祥、わが国を代表する「涼しい伝統布」である。
 本品の表地は麻100%。リネン麻(フランス産)をタテ糸に、ソフトなラミー麻(中国産)をヨコ糸にして織った麻布を、職人たちが専用機で揉み込むことで細かいシボ(凹凸)が生れてくる。天然麻の接触冷感に加えて、シボのシャリシャリ感は格別だ。肌に貼りつきにくいので、汗をかいてもサラサラの感触が続く。
 シーツとしては厚めだが、それもそのはずで、薄く圧縮したラミー麻が3層(240g)も詰め込まれている。この3層ラミーが汗をしっかり吸ってくれるのだ。
 圧縮麻を中材として使っているシーツの競合品も見かけるが、洗濯をくり返していくうちに、麻の繊維が千切れて内部で偏ってしまうことがあった。それに対して特許製法の本品は、圧縮時に千切れない加工でつくっているので、気軽に洗濯できる(ネットに入れて弱水流で)。
 裏地(綿100%)をのぞけば麻100%、熟練人による近江ちぢみ製法でつくった一級品である。1944年創業の「滋賀麻工業」が織った麻生地を1934年創業の「ちぢみ工房いとく」の熟練職人たちが1枚ずつちぢみ加工をしている。

吸湿性テスト

本品とポリエステル100%の生地片を105℃の恒温乾燥機に2時間放置して完全乾燥の状態で質量を計測。その後、室温20℃・湿度65%の状態で4時間後に再度、質量を測定して吸湿性を算出(21年3月4日実施)

お気に入りリストに移動


ログイン

ご確認ください