「加湿し過ぎ」がない気化式こそ寝室におすすめ。朝までつけっ放しで布団も床も濡らさない。

  • ボネコ0
  • ボネコ1
  • ボネコ2
  • ボネコ3
  • ボネコ4
  • ボネコ5

気化式加湿機

ボネコ

●寝室用

サイズ直径32×高さ40cm、コード長さ1.6m、
タンク容量3.8L
重さ4kg
加湿能力最大170ml/1時間
推奨面積8畳
消費電力5〜12W(電気代目安1.1〜2.5円/8時間)
材質ABS
製造国中国
取扱説明書

●リビング用

サイズ幅28×奥行34×高さ43cm、コード長さ2.1m、
タンク容量4.6L
重さ5.4kg
加湿能力最大325ml/1時間
推奨面積13畳
消費電力10〜23W(電気代目安2.2〜5円/8時間)
材質ABS、ポリプロピレン
製造国中国
取扱説明書
 寝室用の加湿機には二つの条件が欠かせません。
 一つは、のどは濡らすけど、布団は濡らさないこと。
 二つは、睡眠の邪魔にならないよう、運転音が低いこと。
 この二つの条件に合格するのは、現在のところ「気化式」の加湿機しかありません。そして「気化式」といえば1981年以来紹介し続けている「気化式の元祖ボネコ」です。
 気化式加湿機は、室内の乾燥した空気を吸って内部の水にくぐらせて湿った空気にして送り返す構造です。霧状のミストを吹き出すわけではないので、布団は濡れないのです。
 推奨面積が8畳の「寝室用」と、13畳の「リビング用」の2タイプがあります。運転は〈強/弱〉の2段階切り替え。

水分放出量(1時間あたり)
・寝室用……強:170ml/弱:94ml
・リビング用……強:325ml/弱:200ml

運転音
・寝室用……強:40db/弱:27db
・リビング用……強:48db/弱:32db

 寝室用〈強〉のモーター音は40db、弱い換気扇くらいの音です。1時間で寝室内はほどよい湿気になりますから、就寝時は〈弱〉にしておけば大丈夫。〈弱〉のモーター音は27dbなので、よほど音に敏感な人でないかぎり、耳ざわりには感じません。リビング用は寝室用よりは大きめですが、実際に耳に聞こえる差はわずかです。
 タンクの水がなくなったら、寝室用は上部からやかんで注ぐだけ。リビング用も注水口のフタをスライドして注ぐだけ。どちらもタンクを持ち歩く手間がかからないので、女性や高齢者に喜ばれています。
 どちらのタイプも「洗えるフィルター」つきです。1〜2週間に1回を目安に中性洗剤で押し洗いすれば、3シーズンは買い替えないで使えます。寝室用には、1シーズン毎に交換する「使い捨てフィルター」もあります。
 商品到着から14日以内であればご使用後でも返品をお受けします(返送料はご負担ください)。
※噴き出し口からは水分を含んだ風が出てきますので冷たく感じることがあります。

「ひと晩中のどを潤してくれるのに、ベッドわきに置いた台本は湿らない。読み込んでると思われずに助かる(笑)」

田口トモロヲさん(俳優)

 『プロジェクトX』(NHK)のナレーションをきっかけに、声の仕事がずいぶん増えました。以前にも増してうがい、のどあめを励行したり、寝るときは必ず加湿機をオンにしたりして、風邪声にならないように気を使っています。
 加湿機は2〜3台試しましたが、朝起きるとたいてい、寝る前に読んでいた台本がべちゃべちゃ。乾かしてヘロヘロになった台本を撮影現場に持っていくと、共演者に「おっ、読み込んでるな」と思われそうなのがイヤで(笑)。布団がしっとりするのも気持ちわるいしね。
 ボネコは加湿し過ぎないと聞いて去年(17年)の冬に使い始めましたが、いやあ、いいですね。布団がまったく湿らないから、こまめに天日干しする手間がいらなくなりました。肝心の台本もパリッとしたまま。おかげで撮影現場でも涼しい顔で広げられます(笑)。〈弱〉モードだと、本当に動いているか心配なくらい静かなのに、のどはちゃんと潤してくれるところもすばらしい。以前は朝起きるとのどがカサカサで、声が出にくいことがありましたけど、これを使い始めてからは、朝のどが渇いていることがなくなりました。


たぐちともろを/1957年生まれ。ナレーター映画監督としても活躍。現在「パレ・ド・Z」(BSフジ)、「洋楽主義」(WOWOW)でナレーションを担当。
衣裳協力:TMT/Y′s For Living/DAISY M′s OFFICE

カート画面に移動

お気に入りリストに移動