• 特許取得の「アースプラスHEPAフィルター」を搭載。

ウイルスを不活化する「アースプラス」フィルターを搭載。

付着ウイルスを99.9%分解する優秀性能は、1000ヵ所以上の病院・施設採用で実証済み。

いまや空気清浄機は空気のクリーン化どころか、室内に浮遊するウイルスや細菌類まで「捕獲」して「分解」してしまう時代です。本機は、この捕獲・分解力が評価されているからこそ、全国1000ヵ所を超える病院や施設で採用されているのです。

本機のHEPAフィルターには、アパタイト、銀、酸化チタン配合した「アースプラス」という物質が塗ってあります(特許取得)。アースプラスは鳥もちのような構造をしているので、ウイルスがフィルターの網目をすり抜けようとしても逃さず捕獲してくれるのです。

さらにアースプラスにはたんぱく質を分解する性質があるので、たんぱく質でできているウイルスや細菌は2時間後には分解されてしまいます。花粉、黄砂、カビ胞子、PM2.5といった迷惑物質も問題なし。すべてウイルスよりも粒子が大きいのでかんたんに捕獲できます。

加齢や疲労の蓄積などで免疫力が落ちてくると家族の風邪をもらいやすくなります。高齢世帯はもちろん、試験シーズンで体調を崩せない学生にもぜひおすすめです。 

この鳥もちフィルターを開発したのは、セラミック複合素材のマスクや医療用ユニフォームで実績のある信州セラミックス(1984年創業)。

HEPAフィルターの寿命目安は約2年半(静音モードで24時間運転した場合)。

※本機は医療機器ではありません。

A型インフルエンザウイルス(H3N2)を付着させた2時間後の結果(15年6月2日~5日。信州セラミックス細菌研究室にて実施)。

本機の実力を証明する多くの採用例。

  • 長崎みなとメディカルセンター
    市民病院(長崎市)
  • 兵庫県立尼崎病院(尼崎市)
  • 独立行政法人国立病院機構
    岩国医療センター(岩国市)
  • JA尾道総合病院(尾道市)
  • 山口労災病院(山陽小野田市)
  • 北海道内科
    リウマチ科病院(札幌市)
  • 三原赤十字病院(三原市)
  • 南生協病院(名古屋市)
  • 守山市民病院(守山市)
  • 広島県立障害者
    リハビリセンター(東広島市)
  • 聖稜リハビリテーション病院
    (藤枝市)
  • 富山県高志
    リハビリテーション病院(富山市)

「扁桃炎で入院したときの苦しみはもう二度と御免ですから、これは一年中つけっぱなし」

観世清和さん(能楽師)

永年、能とともに生きて参りました。常に舞台を控えておりますから、風邪はひく前に叩く。喉にわずかでも違和感があれば、主治医にすぐ診ていただきます。おかげで風邪をひいたことは数えるほどです。

ですから13年の元旦に謡初を終えた後、39℃の高熱で倒れたときは青天の霹靂でした。さいわい扁桃炎で2日間の入院で済みましたが、痛恨でした。

年齢的に免疫力が落ちてきたのだろうと、家内が書斎用に取り寄せてくれたのがこれです。自宅の空気清浄機と同じようなものだろうと思っていましたが、300年ほど前の伝書を開いた瞬間、センサーが反応して驚きました。和紙から舞った細かい繊維を察知したのですね。

さすがにウイルスを察知する様子まではわかりませんが、信頼することにして、17年の4月に移転した観世能楽堂の家元の楽屋にも置いています。

かんぜきよかず/1959年、東京都生まれ。シテ方観世流二十六世宗家。観阿弥、世阿弥の子孫にあたる。海外での評価も高く、99年にフランス芸術文化勲章シュヴァリエ受章。15年には紫綬褒章を受章。

アースプラスは通販生活でしか入手できません。
本品を見た人はこちらの商品も見ています
あなたが最近チェックした商品