全国1157ヵ所の病院・施設(19年8月現在)が採用。特許技術でウイルスを99.9%分解する。

信州セラミックス

空気清浄機「アースプラス®」

サイズ幅37×奥行18.5×高さ48.5cm、コード長さ1.8m
重さ5.4kg
適用床面積18畳以内
消費電力3.5W〜41W
材質ABS
製造国日本

 インフルエンザウイルスの「捕獲・分解力」で選ぶなら本機です。全国1000ヵ所以上の病院・高齢者施設で採用されている空気清浄機はほかに見当りません。
 本機のHEPAフィルターには「アースプラス」と呼ばれる“鳥もち”(アパタイト、銀、酸化チタンの配合物)を塗ってあります。この鳥もちが、直径約0.1マイクロメートルしかないインフルエンザウイルスを捕獲。もちろんウイルスより粒子が大きい花粉、黄砂、カビ胞子、PM2.5も逃がしません。
 捕まえてからがアースプラスの本領発揮。タンパク質を分解する力が備わっているので、捕獲したインフルエンザウイルスを2時間で99.9%分解してしまうのです(テストの詳細は下記に掲載)。
 スギ花粉アレルゲンも3時間後には93.3%分解してくれるので、フィルター掃除中、花粉が部屋に舞い戻る心配はまずありません。
 この高い「捕獲・分解力」は、信州セラミックス(1984年創業)が開発した特許技術です。

テスト条件

インフルエンザウイルス残存テスト……アースプラスHEPAフィルターとアースプラス加工なしのHEPAフィルターに季節性インフルエンザウイルス(A型インフルエンザウイルスH3N2)を付着させて、2時間後のインフルエンザウイルス残存率を測定した(15年8月6日〜9月9日実施)。また、メーカーのウイルス細菌研究室で同条件の評価テストを行ない、その結果を撮影した(15年6月2日〜5日実施)。(検査機関:(一財)日本繊維製品品質技術センター)

スギ花粉アレルゲン分解テスト……アースプラスHEPAフィルターとアースプラス加工なしのHEPAフィルターにスギ花粉アレルゲン溶液を添加し、3時間後の溶液のアレルゲン濃度をELISA法にて測定した。未加工HEPAフィルターのアレルゲン低減率30.3%に対し、アースプラスHEPAフィルターは93.3%低減した(17年8月28日〜30日実施)。(検査機関:東京環境アレルギー研究所)

「ドラマを撮り終えるまでの1年間、風邪を引かなかったのはこれの存在も大きい」

鶴橋康夫さん(映画監督)

 これを自宅の仕事部屋に置いたのは、ドラマ『白い巨塔』の制作が始まった去年の6月。スタッフを家に招いて打合せすることもあるんだけど、僕ももう79歳だからね。風邪をもらったらしゃれにならない。撮影から編集、取材、舞台挨拶まで無事に乗り切るために、「ウイルスを分解する」というこれを信じてみようと思った。
 それから作品完成までの1年間、打合せの席にはこれも必ず同席させた。あれだけ人の出入りがあったのにインフルエンザも風邪も引かなかったわけだから、頼って正解だった。花粉症がつらい時期もフル稼働していたらくしゃみが出なかったしね。
 ドラマの放送が終わったいまも、これは健康管理の相棒。ほら、ゴーッと爆発的に空気を吸い込み出しただろ。「煙草吸い過ぎだぞ」って怒ってるんだよ(笑)。

つるはし・やすお●今年5月に放送されたテレビ朝日開局60周年ドラマ『白い巨塔』を監督。社会派ドラマの名手として知られる。

お気に入りリストに移動

ご確認ください